選手

米本拓司(FC東京)のプロフィールと出身中学・高校は?彼女の噂も!

投稿日

今回は、FC東京のボランチ・米本拓司選手のプロフィールや、出身中学や高校、彼の実家はどこなのか。

それに、米本拓司選手に現在熱愛中の彼女はいるのか。

などを調べてみました。

米本拓司選手は、ほっそりした華奢な外見に似合わず、激しい対人プレーで主として、FC東京の守備面で大きく貢献しています。

そのボール奪取能力は、最初に米本拓司選手を見た時から、

「これは強い!」

と感心したほどです。

しかし、この激しいプレーには、米本拓司選手に『怪我』という代償を求めることが多かったのです。

米本拓司選手は、石川選手と並んで、筆者の個人的贔屓選手のひとりなので、どうしてもお話することに力が入ってしまいますが、なるべく中立的にお話していきますね。

スポンサーリンク

アドセンス

FC東京・米本拓司の経歴プロフィールをチェック!

まず米本拓司選手とは、どんな選手なのか、その経歴プロフィールからご紹介していきます。

米本拓司のプロフィール

米本拓司(よねもとたくじ)
愛称 ヨネ ダルシム ピンクパンサー
生年月日 1990年12月3日(26歳)
出身地 兵庫県伊丹市

身長 177センチ
体重 70キロ
ポジション ミッドフィルダー(主としてボランチ)
背番号 7
利き足 右足
年俸 3800万円(2016年度)

米本拓司の代表歴

2006-2007 U-16/17
2009 日本U-20
2011-2012 日本U-22/23
2010 日本代表

米本拓司の試合情報
チーム 出場試合数 得点
2009 - FC東京 160 5

米本拓司選手が、サッカーを始めたきっかけは、サッカーをやっていたお兄さんの影響によるものだそうです。

これは米本拓司選手が、小学校1年生の頃の話なのですが、サッカーを始めるきっかけが兄弟の影響というのは、現在のサッカー選手には非常によくあるパターンですね。

兵庫県立伊丹高等学校の1年生の時に、米本拓司選手が兵庫県選抜に選出され、兵庫県で開催された国体に出場しました。

この時の米本拓司選手のプレーが、国体を視察に訪れていた城福浩U-16日本代表監督(当時)の目に留まり、2007年に城福監督によりU-17日本代表に選出されました。

そして、FIFA U-17ワールドカップに米本拓司選手が出場することとなったのです。

2008年からは、ヴィッセル神戸の特別指定選手となり、練習にも参加するようになりました。

同じ時期には、当時の城福監督率いるFC東京の練習にも参加し、この米本拓司選手の奪い合いは、FC東京がせり勝って、高校卒業後には、FC東京への入団が決まったのです。

ここでもし神戸が勝っていれば、今のFC東京の米本拓司選手はなかったわけです。

この当時から、米本拓司選手の守備の良さは、城福監督はじめ、FC東京のスタッフにも認められていたので、どうしても欲しい選手の1人だったのでしょうね。

その頃の米本拓司選手の目標は、よく似たタイプの浅利悟選手だったそうです。

その後はボランチとして、米本拓司選手がスタメンに定着するようになったのですが、これには当時ボランチをやっていた今野泰幸選手がセンターバックとなったことも、大きな影響があったようです。

もし今野泰幸選手がボランチのままだったら、当時の米本拓司選手の実力では、ボランチに定着することは困難だったかもしれません。

2010年には、尊敬する浅利悟選手の背番号7を引き継ぐことになったのですが、浅利選手も

「7番は米本につけてほしい」

と希望していたそうですよ。

2013年には、周囲からの信頼も勝ち取り、FC東京の副主将となり、その年のJリーグのボール奪取数では最多となっています。

2015年7月には、米本拓司選手が東アジアカップ2015での日本代表にも選出されました。

 

FC東京・米本拓司の出身中学や高校はどこ?

米本拓司

それでは、米本拓司選手の学歴を見ていきましょう。

出身中学は、

『伊丹市立東中学校

です。

「笑顔いっぱい!挨拶いっぱい!の学校」
「学習がわかる楽しい学校」
「落ち着いた環境の学校」
「地域や保護者と連携を密にし、魅力ある信頼される学校」

などを目標としている学校像とのことです。

口コミでの評価は、

3.50

とのことで、ほぼ平均的か、それよりやや良い、という評価を受けている中学校のようですね。

次に米本拓司選手の出身高校は、

『兵庫県立伊丹高等学校』

です。

この高校は、『県高(けんこう)』や、『けんいた』という愛称で知られていて、阪神間では最古の歴史を持つ高校だそうです。

著名な卒業生(敬称略 順不同)

小川進 (神戸大学教授)
藤田信男 (東京六大学で法政大学初代優勝監督 野球殿堂入り)
赤岡功 (京都大学名誉教授)
荒川祐吉 (神戸大学名誉教授)
笑福亭呂鶴 (落語家 松竹芸能)
横山エンタツ (中退 漫才師)
大山英雄 (お笑いタレント、吉本興業)
石田靖 (お笑いタレント、吉本興業)
米本拓司 (サッカー選手 FC東京所属)

横山エンタツさんとは、また随分懐かしい名前が見られました。

横山エンタツさんは、昭和の初め頃に花菱アチャコさんとのコンビ(エンタツ アチャコ)で、現代の漫才のスタイルを確立した方なのです。

また、卒業生ではありませんが、落語家になる前の桂枝雀さんが、校務員としてこの高校に勤務したそうですよ。

 

FC東京・米本拓司の実家はどこ?彼女はいるの?

米本  5

FC東京の米本拓司選手に、現在熱愛中の彼女はいるのか?

これは気になりますよね。

しかし、調べてみても、米本拓司選手の熱愛彼女情報というのは、ほとんどないのです。

とあるサイトには、

「米本には歌手の彼女がいる」

という書込みがありましたが、これは全くのデマでした。

唯一、某サイトで、こんなメッセージを見つけました。

職場に食事しに来てくれたことあったけど、めっちゃ感じ良いナイスガイだったなぁ。

綺麗な彼女?連れてたけど、その彼女も腰が低くて素敵なカップルだったわ。

頑張ってほしいな。

この情報は、多少の信頼性はありそうです。

もし、これが事実なら、米本拓司選手には、お似合いの素敵な熱愛彼女がいる、ということになりますね。

事実であれば、本当に素敵な話だと思いますが、一応、女友達という可能性もありますし、その他の情報が全く出ていないところをみると、米本拓司選手の彼女という線は薄めかも…。

なお、米本拓司選手の実家や家族については、色々調べたのですが、こちらは全く紹介できる情報がなさそうです。

 

まとめ

今回は、米本拓司選手のプロフィールや出身中学や高校のこと、それに現在熱愛中の彼女はいるのか、などの話題を見てきました。

米本拓司選手は、実に素晴らしい選手であり、人間的にも大いに好感が持てる青年でもあるのですが、1つだけ心配なことがあります。

それは怪我が多いということ。

あれだけ激しいプレーをすれば、怪我がない方が不思議なのですが、その怪我の内容が大きな問題。

靱帯損傷という、サッカー選手にとっては致命的な怪我を何度もしているのです。

幸いにして、その都度怪我からは復帰し、サッカーをすることができていますが…。

とはいえ、

『米本負傷!』

というニュースを見る度に、思わず筆者はドキッとしてしまいます。

この先は、米本拓司選手が怪我なく、我らがFC東京で、さらに大きな活躍をしてくれることを、心から祈っています!

米本拓司の記事はコチラもよく読まれています!

米本拓司(FC東京)のプレースタイルは守備力!怪我や年俸もチェック

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-選手