選手

前田遼一のエコパ感動チャントとFC東京への移籍金!大食い伝説も

投稿日

2016年6月11日(土)のFC東京対ジュビロ磐田との試合では、ジュビロ磐田のホームであるエコパスタジアムで、大変感動的なシーンが見られました。

それはFC東京の前田遼一選手に対して、まるで自分達のチームの一員に対するような、それ以上の、熱狂的な声援があったことです。

ジュビロ磐田のファンから見れば、前田遼一選手は15年も磐田一筋で生きてきた選手ですから、愛着もひとしおなのでしょう。

今回は、その前田遼一選手について、エコパに響いた前田遼一選手のチャントや移籍金のこと、そして大食い疑惑や、彼のお嫁さんのことなどを調べてみました。

スポンサーリンク

アドセンス

エコパスタジアムに響いた前田遼一のチャントとは

FC東京の2016年6月11日(土)の試合ですが、静岡県のエコパスタジアムで行われました。

エコパスタジアムの正式名称は、静岡県小笠山総合運動公園スタジアムで、静岡県が所有しています。

ジュビロ磐田や清水エスパルス、藤枝MYFCなどがホームの1つとして使用していることで有名ですね。

この試合は、結局0ー0のスコアレスドローとなりましたが、エコパスタジアムの観客は、試合前には万雷の拍手で前田遼一選手を迎え、そして試合終了後には、ジュビロ磐田時代の前田遼一選手のチャントを大合唱して、前田遼一選手を讃えました

通常、移籍してチームを去った選手には、逆にブーイングが起こることも多いのですが、この時はブーイングなどは全くなく前田遼一選手への暖かな思いで満ちあふれていました。

今でも続く、ジュビロ磐田ファンの前田遼一選手への熱い思いを垣間見ることができました。

試合自体は、FC東京がやや押し気味に進めたのですが、結局ジュビロ磐田のゴールを割ることはできず、前田遼一選手も無得点に終わりました。

この試合前には、ジュビロ磐田の名波監督が、

「(前田遼一選手や駒野友一選手を)温かく迎えてあげてほしい」

と言っていたのですが、そのような言葉は無用の心配でした。

ジュビロ磐田のファンは、最高の暖かさで大歓迎をしたのです。

名波監督も、今回のジュビロ磐田のファン達には感謝していました。

「やはり一流のクラブというのは、一流のサポーター、一流のフロントと三位一体でななければいけません。

今日のサポーターは、声の大きさやリズムも非常に良かったですし、15年もクラブのために身を粉にして働いてくれた人たちにに対しての、敬意ある素晴らしい態度だったと思います」

このコメントが、全てを表していますよね。

試合後に前田遼一選手は、そのファン達に深く頭を下げ、両手を挙げて声援に応えてから、控え室に戻っていきました。

「もう、なんと言えばいいかわからないですけど、ただただ感謝の気持ちしかないです」

この時、前田遼一選手はこのように語り、感謝を述べています。

それでは、ジュビロ磐田とFC東京の、前田遼一選手へのチャントをご紹介しましょう。

ジュビロ磐田の前田遼一のチャント

曲はビートルズの『A Hard Day’s Night』

 

前田遼一 さあ行けよ Ready Go 前田遼一 さあ行けよ Ready Go

オオオオオオオ オオオオオオオ 俺たちの前田

こちらはFC東京での前田遼一選手のチャントです。

FC東京の前田遼一選手のチャント

曲はジュビロ磐田と同じ、ビートルズの『A Hard Day’s Night』

 

前田遼一俺たちとともに、 前田遼一青赤に染まれ

ラララ ララララ ラララ ララララ 東京の前田!

さて、2015年にジュビロ磐田からFC東京への前田遼一選手の移籍金ですが、実は、前田遼一選手は契約終了になっていましたので、移籍金はなんと、0円です。

仕方ないとはいえ、いざ0円と言われてしまうと、なんとも悲しく感じてしまいますね…。

 

前田遼一の嫁はどんな人?その出会いやきっかけは?

kappuru

実は、前田遼一選手は、かなり前に現在のお嫁さんと結婚しています。

前田遼一選手が、お嫁さんと結婚したのは2007年10月9日のことで、 お相手は東京都出身で元会社員の女性とのことです。

4年間の交際の後、めでたく入籍となりましたが、当日は前田遼一選手の26歳の誕生日でもあり、午前0時ちょうどに磐田市役所に婚姻届を提出したとのことです。

お嫁さんとなった方は一般の方なので、名前その他の情報は一切公表されていません。

また、お嫁さんと前田遼一選手の出会いやきっかけ、子供さんのことなどは、調べたものの、何も見つかりませんでした。

個人情報に配慮し、知られることがないよう、前田遼一選手が気を遣っているのでしょうね。

 

前田遼一のもう1つの伝説!恐怖のデスメシ大食とは?

2015年に、ジュビロ磐田からFC東京に移籍した時の、あるジュビロ磐田ファンの声に、こんな興味深いものがあります。

「東京に前田の胃袋を満足させられる店あるのか?」

というわけで、前田遼一選手には、以前ご紹介した『デスゴールの呪い』以外に、もう1つ都市伝説が存在します。

それが『恐怖のデスメシ大食い』です。

前田遼一選手の大食いぶりは、サッカーファンの間では、既に伝説となっているのです。

それではその大食いぶりのいくつかを、ご紹介しましょう。

前田遼一の大食い伝説

・名波選手の家では、炊飯器一杯のご飯を、お新香ひとつで空にした

・前田遼一選手曰く「食べるのが趣味」

・キャンプ中、監督から「あいつの食べる量は、他の選手の2倍以上」と言われた

・配られたおにぎりをすぐに食べ終え、他の選手の分を悲しそうな顔でじっと見つめ続けたあげく、音を上げたその選手からおにぎりをぶんどり、笑顔で完食

・超強力胃腸。他の選手が食あたりするような食べ物を食べても、前田選手だけは平気だった

・U-23時代には、皆が下痢に悩まされていて、そのため下痢止めを飲んだら、前田選手だけは便秘になってしまった

・あまりの大食ぶりに、チームメイトからは「みているだけで気持ち悪くなる」とよく言われた

・食べ放題のカレー屋では出禁になった

・食べ盛りのルーキーが、前田遼一選手に大食いで挑むも、一瞬で敗北を喫する

・小学校訪問をした際には、小学生から「やーい 大食い!大食い!」と囃された

・勝つとお肉がもらえる鹿児島デーには、決まって大活躍した。黒牛ヒレ25キロのお肉を貰って満面に笑みを浮かべた

うな丼は必ず3人前を取って食べる

・試合前後日の移動中には、必ず何か食べている姿を多数の人が目撃。新幹線では『弁当5つ』を抱えて満足そうな笑顔

これを見るだけでもおわかりいただけるかと思いますが、前田遼一選手はとてつもない大食いっぷりですよね。

実際に、バスから降りる時の写真でも、必ず何か食べています

FC東京でも、前田遼一選手のこの大食ぶりを何かの宣伝として使おうと考え、こんな企画を行ったことがあります。

前田遼一の大食いでのFC東京公式企画

2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ第6節vsサンフレッチェ広島戦にて

『前田選手におすすめスタグルを紹介しよう!』

を実施いたします。

みなさまぜひご参加ください!!

とのことでした。"スタグル"とは、『スタジアムグルメ』のことですね。

それにしても、大食いという特技がチームの宣伝に貢献するとは…

『大食いも芸のうち』

ということなのでしょうね。

 

まとめ

今回は、前田遼一選手に対するジュビロ磐田ファンの暖かい声援やチャントの話題、さらにはFC東京への移籍金、そしてその類い稀なる大食いぶりなどをご紹介しました。

ジュビロ磐田一筋で15年間生きてきた前田遼一選手へのジュビロ磐田ファンの歓迎ぶりは、筆者も思わず胸が熱くなりました。

これもやはり、前田遼一選手の誠実で暖かい人柄ゆえのことだと思います。

前田遼一選手のお嫁さんや子供の情報が公開されていないことが、少し残念ですが、これは家族の安全対策ということで、やむを得ないでしょう。

前田遼一選手には、この先も長く、FC東京で活躍されることを期待しています!

前田遼一の記事はコチラもよく読まれています!

前田遼一(FC東京)の出身中学高校は?実家はセレブで性格はシャイ!

前田遼一のプレースタイルと年代別得点数!愛用スパイクも紹介!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-選手