選手

丸山祐市(FC東京)のプロフィール(経歴)!結婚と出身高校についても

更新日

丸山 プロフ 8

『人間万事塞翁が馬』(じんかんばんじさいおうがうま)ということわざがあります。

『何が幸福なのか、何が不幸なのかは、予想のしようもない』

という事のたとえですね。

『禍福は糾える縄の如し』(かふくはあざなえるなわのごとし)ということわざもありますが、これも似たようなことわざです。

『災いと幸福は、より合わせた縄のように、代わる代わるやってくる』

というような意味になります。

これらのことわざを、サッカー選手で身をもって体験したのが、丸山祐市選手なのです。

プロ入りより就職を選んだのに、どうしたわけかサッカーのプロになってしまい、プロ入り後は引退まで考えていたのに、活躍しだすと、あっという間にFC東京のレギュラーとなり、ついには日本代表にまで選ばれてしまいました。

今回は、その丸山祐市選手の数奇な来歴と、プロフィールや、彼女や結婚のこと、それに出身高校のことなどを見ていきましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

FC東京の丸山祐市のプロフィール(経歴)をチェック!

丸山 プロフ  0

それでは、FC東京の丸山祐市選手の人物像など、プロフィール・経歴を紹介しましょう。

丸山祐市のプロフィール

丸山祐市(まるやまゆういち)
愛称 マル

生年月日 1989年6月16日(26歳)
出身地 東京都世田谷区
身長 183センチ
体重 74kキロ

所属 FC東京
ポジション サイドバック センターバック
背番号 5
利き足 左足

丸山祐市の来歴

バディSC
FC東京 U-15
國學院久我山高校
明治大学

丸山祐市のJリーグクラブと出場試合数

2012 FC東京 6試合
2013 FC東京 4試合
2014 湘南ベルマーレ(期限付き移籍) 41試合
2015 FC東京 27試合

丸山祐市の代表歴

2010年 U-21日本代表
2011年 U-22日本代表(五輪最終予選)
2015年 日本代表

丸山祐市選手がサッカーを始めたのは、小学校に上がる前の4歳頃だったそうです。

中学生の頃ではサッカー部には入らず、FC東京のU-15でサッカーをしていました。

その後、丸山祐市選手は、国学院久我山高校のサッカー部に入部したのですが、高校2年生の時に膝の靭帯損傷という、サッカーの職業病(職業怪我?)をやってしまい、結局サッカー部は退部することになってしまいました。

明治大学に進学後は、サッカー部でサッカーを続けましたが、試合にはほとんど出られず、3年生になってようやく丸山祐市選手はレギュラーになったのです。

その後の丸山祐市選手は、正確なキックでめきめきと頭角を現し、大学随一のディフェンスと言われる存在になっていきます。

ロンドンオリンピックの最終予選では、丸山祐市選手がU-22の日本代表にも選ばれたのです。

このような経歴を持つ丸山祐市選手には、当然Jリーグの各チームから注目されていたのですが、本人ははプロには行かず、一般企業に就職するつもりだったようです。

しかし、幸か不幸か志望の企業の内定が取れなかったため、急遽、丸山祐市選手は、プロ入りすること決めるのです。

そのような経緯で入ったFC東京での最初の2シーズンは、期待はされつつも、試合には中々出場できず、そのため丸山祐市選手は、自身の出場機会を求めて、2014年にJ2の湘南ベルマーレへ期限付き移籍をしました。

移籍した湘南ベルマーレでは、40試合以上に出場し、J2リーグ最少失点25、勝ち点101と、丸山祐市選手が守備の要として活躍し、チームをJ1昇格に導いたのです。

そして翌年、丸山祐市選手のFC東京復帰となりましたが、それでもレギュラーへの道は遠く、当初は以前同様にサブメンバーとしてスタートすることになります。

シーズンの後半になって、左サイドバックのレギュラー太田宏介選手が故障のため戦線を離脱、代わりに丸山祐市選手が左サイドバックとして起用され、ここから頭角をあらわすようになっていきます。

太田宏介選手が復帰の後も、丸山祐市選手はサイドバックではなくセンターバックとして、森重真人選手とコンビを組み、FC東京史上でも1、2を争う強力ディフェンス陣となるのです。

FC東京でのレギュラーを獲得してから僅か1カ月後には、日本代表の槙野智章選手の負傷により、丸山祐市選手が日本代表に追加招集を受けたのです。

Jリーグの平均年齢は26歳程度で、だいたい平均の年齡にさしかかると、そろそろ引退を考える、という時期になります。

そのためJリーグの大学卒選手は、入団後4年ほどたっても、サッカーで芽が出なければ、現役引退というケースが多いのです。

しかし、丸山祐市選手は、その引退の土壇場で大逆転、引退どころか日本代表となってしまったわけです。

これほど劇的な履歴を持つサッカー選手は、他にはまずいないと思われます。

 

丸山祐市の彼女との結婚!出身高校についても

丸山 プロフ  16_0

丸山祐市選手ですが、2015年9月21日に結婚しています。

お相手の彼女は方は、一般女性とのことで、これまでに名前や写真などは一切公表されていません。

でも、サッカー選手のお嫁さんは、多くの場合、美人ばかりですから、丸山祐市選手のお嫁さんも(たぶん)美人だろうと思いますよね。

以下は、結婚をしたときのFC東京の公式サイトでの丸山祐市選手のコメントです。

この度、9月21日に入籍いたしました。

まず、私をサポートしてくれる妻に感謝し、明るい家庭を作っていきたいと思っています。

これからは、責任感と向上心をこれまで以上に強く持ち、チームの力になれるように頑張ります

最後に、丸山祐市選手の高校をご紹介しておきましょう。

丸山祐市選手の出身高校は、プロフィールの紹介にもあったように『國學院久我山高校』です。

正式名称は、『國學院大學久我山高校』で、私立の名門で中高一貫校の共学校です。

課程は全日制課程の普通科のみです。

創立は1942年、 この時は、財団法人岩崎学園久我山電波工業専門学校として開校しました。

この学校は、岩崎通信機社長の岩崎清一氏によって設立されたもので、後に 学校法人國學院大學と合併し、校名を國學院大學久我山中学校・國學院大學久我山高等学校としたのです。

沿革からして、國學院は、理工系という感じがしますが、実際に偏差値は70と高く、サッカーだけでなく、非常に優秀な生徒が集まる高校のようですね。

 

まとめ

今回は、FC東京の丸山祐市選手のプロフィールや、彼女との結婚、それに出身高校のことなどを少し見てきました。

丸山祐市選手のプロフィールや経歴を見て、いつも思うことは、これほど変わった成り行きでプロサッカー選手になった人は、しかも大成した人は、まずいないだろうな、ということですね。

普通の会社に就職するつもりだったのに、プロサッカー選手になり、引退するつもりがFC東京でレギュラーになり、その上、日本代表になってしまったという人は、どこを探しても、まずいないでしょう。

それだけ強運の持ち主だったということもありますが、丸山祐市選手自身の能力や努力も、並外れたものがあった、ということだろうと思います。

この強運と能力と努力が、丸山祐市選手のさらなる高みを目指す時に役立ち、日本代表としてワールドカップにも出場できるよう、期待しています!

丸山祐市の記事はコチラもよく読まれています!

丸山祐市(FC東京)のハリルジャパン(日本代表)への選出理由とは?

丸山祐市(FC東京)のプレースタイルと評価!年俸金額はいくら?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-選手