選手

丸山祐市(FC東京)のプレースタイルと評価!年俸金額はいくら?

更新日

丸山祐市

丸山祐市

丸山祐市選手は、一風変わった経歴の持ち主です。

大学は明治大学なので、長友佑都選手の後輩になるわけですが、在学中はプロサッカー選手にはならず、一般企業に就職するつもりだったのです。

しかし、志望の企業の内定が取れなかったため、『やむを得ず』プロに行くことを決意したのです。

多くの人の場合、サッカーのプロになれずに、仕方なく一般企業に就職するというのとは、まったく逆のパターンなのです。

丸山祐市選手が、やむを得ず入ったプロの世界でも、中々試合に出られないまま時が経ち、一度は現役引退も考えたのですが、その直後に大ブレーク、ついに日本代表にまでなってしまったという、幸運の持ち主でもあります。

今回は、そんな丸山祐市選手のプレースタイルやサッカーの評価、そしてFC東京からもらっている年俸などを見ていきましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

FC東京・丸山祐市のプレースタイルをチェック

丸山祐市

丸山祐市

丸山祐市選手は、FC東京U-15出身という、いわばFC東京生え抜きの選手です。

ただ、かなり変わった波瀾万丈の経歴の持ち主でもあるのです。

丸山祐市選手の経歴などについては、また後日ご紹介したいと思っていますので、ここでは割愛させていただきます。

まず、試合出場の機会を求めて、J2の湘南ベルマーレに移籍するなど、丸山祐市選手は、決して順風満帆のサッカー人生ではなかった、ということですね。

丸山祐市選手のプレースタイルの特徴は、やはり左利きのセンターバックという点です。

同じディフェンスでも、左サイドバックには左利きの選手はかなりいますが、センターバックで左利きという選手はそう多くはいません。

日本代表の前監督ハビエル・アギーレ氏も、左利きのセンターバックを探していたそうですし、左利きのセンターバックは貴重な存在なのですね。

しかも、元々はサイドバックだったため、時には左サイドバックとしても起用されるなど、ポリバレント性(複数のポジションをこなすことのできる)があることも、丸山祐市選手の魅力的な特徴の1つです。

センターバックとしての丸山祐市選手は、カバーリングの良さや、空中戦での強さなどもあり、また足下の技術もしっかりしています。

空中戦は、森重真人選手も得意ですし、丸山祐市選手と組んだ時のFC東京のヘディングでの強さは、リーグ随一と言えるでしょう。

対人プレーでも、森重真人選手に負けない、相手をあるいは上回る強さがありますし、ディフェンスでの位置取りも素晴らしいですね。

しかも、後方からのフィードも正確で、湘南ベルマーレ時代にはフリーキックも何度か蹴ったほどの正確さなのです。

これらの特徴により、現在ではFC東京のレギュラーセンターバックとして、不動の地位を築き上げました。

この先は、日本代表の試合でも、丸山祐市選手の強みを存分に発揮して欲しいものですね。

 

FC東京・丸山祐市の評価は?

丸山祐市

丸山祐市

丸山祐市選手への評価が高まったのは、FC東京から、J2に陥落した湘南ベルマーレに期限付き移籍してからです。

移籍前のFC東京では、2年間で僅か3試合しか出場できず、そのために移籍したのですが、移籍先の湘南ベルマーレでは42試合中41試合、つまりほぼ全試合に出場し、守備の要として大活躍したのです。

それで

『湘南に丸山あり』

の声が高まったのですが、移籍の期限が切れて、FC東京に呼び戻されたのです。

ある人の評価では、丸山祐市選手のことを

『左利きのベッカム』

と言っているほどです。

センターバックの選手を評するのに、世界的な選手でもあるベッカムを持ち出すとは、その意味がどうもよくわからないのですが、丸山祐市選手のパスやフィードの精度のことなのでしょうか。

まあ、ベッカムと並べられるのなら、言われた方は悪い気持ちはしないでしょうね。

また、湘南ファンのある人は、

『丸山祐市なら日本代表になれる』

という評価をしていました。

丸山祐市選手は、その当時はまだ代表には選ばれていないので、先見の明がある言葉だと思いましたね。

FC東京でも、森重真人選手と丸山祐市選手のセンターバックコンビは、ジャーン選手と茂庭選手以後では、最強のセンターバックコンビという声が高いのです。

FC東京のみならず、J1リーグでも5本の指に入るという堅守が目立つところですね。

実際、2016年のJ1リーグでは、守備力で第3位の評価を受けているのです。

対柏レイソル戦でも、丸山祐市選手が先発してフル出場、1-0と柏を完封しましたが、その時の評価点は6.5でした。

以下は、その試合の評価です。

丸山祐市選手、森重選手共に、確実なラインコントロールを見せ、無失点勝利に貢献した。

特に空中戦では存在感を示し、ほとんどの場面でせり勝っていた。

前節の浦和戦では、ズラタンのパワーに押し込まれたが、この日の試合では対人プレーの強さを見せ、代表選出による好影響を感じさせた。

さらに、もう1つ、筆者の印象に残った丸山祐市選手への評価があります。

それは、

丸山祐市、最後の勝負に勝った男

というコメント。

この言葉には、色々な意味に解釈することができますが、筆者としては、既に20代半ばを過ぎて、引退の瀬戸際まで追い詰められ、そこからFC東京のレギュラーセンターバック、さらには日本代表まで上りつめた丸山祐市選手、という意味に受け取りました。

しかし、この評価を下した方の持つ本当の意味は、少し違うのかもしれませんね。

さらに、丸山祐市選手へのネットの声も拾ってみました。

・「次も選ばれるといいな。海外組に負けるなマル!」

・「希少な左利きCB丸山は期待に応えられるか?」

・「安定感のある守備と、ぴたりと味方に合わせる精度の高いロングパス」

・「自分でも攻めあがれるドリブルの上手さ。守備の選手ながらフリーキックでも得点を決められる得点力」

・「貴重な左利きだし身長もある。試合を重ねるごとにどんどん成長してるな」

とのことです。

 

FC東京・丸山祐市の年俸はいくら?

丸山祐市

丸山祐市

丸山祐市選手の年俸ですが、湘南ベルマーレのJ2時代の年俸はデータがありませんでしたので、FC東京復帰後の年俸をご紹介していきます。

丸山祐市 FC東京復帰後の年俸

2015年 1800万円
2016年 2000万円

徳永悠平選手などに比べると、かなり安い年俸額となっておりますが、これはFC東京への貢献した年数などの差によるものでしょうね。

 

まとめ

今回は、丸山祐市選手のプレースタイルや評価、それにFC東京からもらっている年俸などを見てきました。

丸山祐市選手は、実に堅実で、攻守兼備のオールマイティなタイプの選手のように思えます。

しかし、丸山祐市選手のサッカー人生は、まさに波瀾万丈という言葉がぴったりなくらい起伏の激しいものでした。

一時は、現役引退も考えるほどの状態から、ついに丸山祐市選手がFC東京のレギュラーセンターバックや、日本代表の位置までつかみ取るという、まさに山あり谷ありのサッカー人生だったのですね。

この先も、丸山祐市選手には、FC東京、日本代表と、さらなる活躍を期待しています!

丸山祐市の記事はコチラもよく読まれています!

丸山祐市(FC東京)のプロフィール(経歴)!結婚と出身高校についても

丸山祐市(FC東京)のハリルジャパン(日本代表)への選出理由とは?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-選手