選手

平山相太(FC東京)と結婚した嫁と子供は?国見高校の練習がヤバイ!

更新日

平山 嫁 hirayama20130511

FC東京の平山相太選手は、1985年6月6日の生まれですから、もう御年31歳になりました。

童顔というか、平山相太選手は、"坊や"顔なので、非常に若く見られますが、サッカー選手としては既に晩年に入っていると、言ってもよいでしょう。

今でも「日本代表を目指す」と言っておりますが、今の日本代表のフォワードに割り込むのは、平山相太選手にとって、並大抵の努力では足りないでしょう。

そんな平山相太選手ですが、実は既に結婚しているのです。

今回は、平山相太選手の結婚のことや、お嫁さんのこと、それに国見高校にも焦点をあてて、色々と調べてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

FC東京・平山相太と結婚した嫁との出会いのきっかけは?

平山相太選手の結婚は、2011年のことです。

5年前のことなので、平山相太選手の年齢は、当時26歳ということになります。

平山相太選手の結婚のお相手は神奈川県出身の一般女性で、年齢は23歳、出版社勤務とのことです。

この平山相太選手のお嫁さんの名前などは、とくに公表されていませんが、スリムな茶髪の美人だそうです。

平山相太選手の実家のある福岡市役所に婚姻届を提出し、その後は東京都内で一緒に暮らしているそうです。

このお嫁さんと平山相太選手との出会いのきっかけは、結婚の3年ほど前にFC東京のチームメートの誕生パーティーで出会い、その秋から本格的な交際を始めたとのこと。

平山相太選手とお嫁さんが、結婚を決めたのは、2011年5月とのことです。

このシーズンは、平山相太選手が、いきなり右足骨折という重傷をおい、埼玉県内の病院に入院ということになりました。

その際、お嫁さんは出版社の仕事を辞め、平山相太選手に献身的に看病してくれたのです。

平山相太選手の言葉では、

「入院して気持ちが折れそうになったのですが、一緒にいるとすごく気持ちが落ちついて、気分も明るくなりました。彼女がいたから、怪我をのりこえることができました」

ということで、これをきっかけに結婚を決意したのです。

先ほども少し言いましたが、平山相太選手のお嫁さんは、164センチ、50キロのほっそりとしたスリムな美人で、

「友達からは美人っていわれますけど、どうでしょうかね。でもすごく優しいですよ」

というのは、平山相太選手のおのろけです。

平山相太選手は、

「守るべき家族ができたので、目標もできました。来年はチームが上位にいけるように、フォワードの中心としてやっていきたいと思っています。代表復帰も目指しますよ」

と、決意を新たに示しました。

平山相太選手の挙式は、シーズン終了後に、六本木ヒルズで行われましたが、中々にユニークな結婚式だったようです。

結婚式は、オペラ歌手の歌う椿姫の乾杯の歌で始まりました

この椿姫は、アレクサンドル・デュマ・フィス(三銃士などを書いた大デュマの息子)の小説に、ヴェルディが作曲したオペラです。

乾杯の歌はその第一幕で、ヒロインのヴィオレッタと、青年貴族のアルフレードにより歌われる歌で、数あるヴェルディのアリアや二重唱などの中でも、もっともよく知られている華麗な名曲です。

ただ、アルフレードはともかく、ヴィオレッタは高級娼婦なのですが、結婚式にそのような歌が、ふさわしいのかは、筆者にはわからないところです。

さて、話がそれましたが、結婚式は、その後、平山相太選手のお母さんが日本舞踊を踊ったりし、最後は琉球舞踊で終わるという、異色の結構式だったそうですよ。

その間、かりゆし58の『アンマー』が流される中、お二人の子供の頃からの映像が、次々と映し出されていたそうです。

ところで、平山相太選手の結婚に関する、エピソードのようなものがあります。

結婚相手の女性(お嫁さん)との路上でのキスシーンが、盗撮されたらしいのです。

これは盗撮というべきなのか、それとも単なる偶然で撮れてしまったというべきなのか、そのあたりはよくわかりません。

平山相太選手のファンが、試合の後で、たまたま撮影したビデオに、そのシーンが入っていたというものなのです。

この動画に撮影された人物が、本物の平山相太選手なのかは、かなり疑問が残るものでもありますね。

この動画は、とあるサイトにアップされているのですが、本当に平山相太選手のファンであるならば、そのようなプライベートな動画を公開するものでしょうか。

また、平山相太選手の子供については、

「平山相太選手が奥さんと子供と一緒にオリジンに入っていった」

という、ツイッターの書き込みがありましたので、平山相太選手に子供はいるものと思われます。

ただし、子供の名前や年齢その他は、個人的な情報でもありますし、安全対策のためか、これまでに一切公表されておりません。

 

FC東京・平山相太といえば国見高校出身者!

•½ŽR‘Š‘¾/Sota Hirayama (Kunimi), JANUARY 12, 2004 - ƒTƒbƒJ[/football : 82nd All Japan High School Soccer Tournament Final between Chikuyo School 0-6 Kunimi High School at National Stadium, Tokyo, Japan. (C)Yutaka/AFLO SPORT (1040)

平山相太選手といえば、すぐに『国見高校』という言葉を思い浮かべます。

そのくらい、第82回全国高等学校サッカー選手権大会の決勝戦での平山相太選手の活躍の印象が鮮烈なのです。

では、平山相太選手が在籍した国見高校とは、どんな高校なのでしょうか。

長崎県立国見高等学校は、長崎県雲仙市国見町多比良甲にある公立高等学校です。

国見高校の設立は、1949年8月19日ですから、それほど長い歴史をもつ高校ではありませんが、サッカーファンなら誰しらぬ者もない、高校サッカーの超強豪校です。

国見高校出身のサッカー選手を挙げますと、いるわいるわ、Jリーグの有名選手の名前がずらりとならびます。

国見高校出身のサッカー選手

1992年度卒

三浦淳宏(横浜FC 元日本代表)

1996年度卒

都築龍太(浦和レッズ 日本代表)

2000年度卒

大久保嘉人(ヴィッセル神戸 日本代表)
松橋章太(ロアッソ熊本 元日本代表)

2001年度卒

徳永悠平(FC東京 日本代表)

2002年度卒

巻佑樹(名古屋グランパス)

2003年度卒業

平山相太(FC東京)
中村北斗(FC東京)
兵藤慎剛(横浜F・マリノス)

2004年度卒

渡邉千真(横浜F・マリノス)

元を含めて日本代表が、国見高校出身者で10名近くいるのです。

しかも、国見高校サッカー部の練習は、気の弱い人は腰を抜かしそうな、超ハードトレーニングなのです。

以下は、三浦淳宏選手の語る、国見高校の練習のお話です。

国見高校サッカー部は、夏休みにはチームバスで遠征するそうです。

日本列島を南から北へ、サッカーの試合をしながら北上していくのです。

これだけ聞けば、楽しそうなサッカー旅行ですが、一日に、3~4試合もやるそうで、最初の試合のキックオフが朝6時という、すさまじさ日程です。

それだけではなく、他校の選手は次の試合に備えて、日陰で休んでいるのですが、国見高校だけは他の高校が試合をしている間も、選手はずっと走りっぱなしなのです。

さらに、その頃は今と違って、練習中に水を飲むのはご法度の時代でした。

なので練習中は、どんなに暑かろうと苦しかろうと、水は飲めません

今時こんなことをしたら、監督はクビどころか、過失傷害罪とかで警察にしょっ引かれますが、当時は普通のことだったようです。

ある時、長崎県の諫早市で試合をやって負けたときには、学校まで「走って帰れ!」と言われたそうです。

諫早市から国見町までは30~40kmくらいはあるのですが、さすがにその全距離ではなく、選手は適当なところで、バスに乗せてもらって帰ったそうですが、それでも相当の距離を走らされたとか。

聞くだに身の毛のよだつような練習のお話ですが、三浦選手によりますと、この国見高校での体験は、間違いなくプロになった時に活きたということです。

とはいえ、

「もう一度国見高校の夏練習に参加しろと言われたら、参加しますか?」

という問には、三浦選手曰く。

「絶対に嫌です(笑)。とてもとても無理ですよ。(キッパリ)」

 

まとめ

今回は、平山相太選手の結婚とお嫁さんの話、それに出身校である国見高校の話などをみてきました。

平山相太選手には、既にお子さんも生まれているようですが、はたして普段は、どんなパパさんなんでしょうね。

また、三浦淳宏選手が語る国見高校の夏合宿の話は、すさまじいの一言につきます。

今時、そんな練習をやったら、命を落とす選手が続出で、監督は『タイホ~』ということになりかねませんね。

でも、当時のハードトレーニングが、後にプロになった時には活きてきたということですから、わからないものです。

平山相太選手も、国見高校在籍当時の夏合宿を思いだして、今後のFC東京での活躍のための糧としていただきたいと思います!

平山相太の記事はコチラもよく読まれています!

平山相太の高校から現在までの評価は?身長や年俸もチェック!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-選手