選手

秋元陽太(FC東京)のGK評価は悪い?使用キーパーグローブもチェック

更新日

秋元 評価 a791edb32e974a8ebfa5864e8139c3b7

FC東京の正ゴールキーパーを長年勤めていた権田選手が、オーバートレーニング症候群のため戦列を離れ、その後、湘南ベルマーレから移籍してきた、秋元陽太選手が、FC東京の2016年から正ゴールキーパーとなっています。

秋元陽太選手は、J2に落ちていた湘南ベルマーレで、正ゴールキーパーとして活躍、湘南ベルマーレのJ1昇格に貢献しました。

その活躍ぶりが、権田選手リタイア後のゴールキーパーの空白に悩んでいたFC東京の目に留まり、2016年より完全移籍となったのです。

今回は、秋元陽太選手にスポットをあて、プレーの評価や、キャッチとパンチの使い分けはどうなのか、またキーパーグローブは何を使っているのかなどを、見ていくことにしました!

スポンサーリンク

アドセンス

FC東京・秋元陽太のゴールキーパーとしての評価は?

秋元 評価 maxresdefault

秋元陽太選手は、プロのキャリアをJ2の愛媛FCで開始し、その後J2の湘南ベルマーレに移籍して2年間の活躍、そして2016年、FC東京に加入しました。

秋元陽太選手の通称は、

「アキさん」

ですが、それよりも

『湘南ゴリラ』

の方が通りがよいようです。

その理由は・・・

秋元陽太選手の顔画像を見ていただければ、おわかりかと思います。

秋元 評価 20150426000201_226103

確かに、ゴリラっぽい風貌をしていますね。

見た目は置いておき、秋元陽太選手のゴールキーパーとしての評価ですが、これは人によってかなり分かれています。

ゴールキーパーとして一番大切な能力は、あらためて書くまでもありませんが、相手のシュートをゴールに入れさせないことです。

しかし、ゴールを割らせないという能力には、色々な要素があります。

  • 現在の位置で防ぐか、前に飛び出して防ぐかの、瞬間的判断力
  • 相手のシュートをキャッチやパンチングで防ぐ能力
  • キャッチかパンチングかを瞬時に判断する判断力
  • できるだけ身体の正面で防ぐための、相手がシュートを打つ前の未然の動作
  • コーナーキックなどの、敵味方入り乱れての密集時には、適切な位置取りをする
  • その際のジャンプ能力と、競り合う相手に負けない身体的強さ
  • 味方の選手との適正な間合いと位置取り(お見合いや衝突などをしないように)

ひとえにゴールに入れさせないと言っても、これだけ多くの要素が絡んでくるのです。

さらには、ゴールキーパーには、相手のシュートを防ぐ以外にも、重要な役目があります。

それは前線の選手への、正確でタイミングの良いフィードです。

このフィード能力というのは、時にはこちらが点を取るか、逆にボールを相手に渡してしまって、カウンターで1点取られるかの差となります。

FC東京の歴代ゴールキーパーの中では、やはり権田修一選手が、このフィードは一番正確ではなかったかと、筆者としては思います。

ちなみに、秋元陽太選手への評価なのですが、フィード能力については大半の人が高評価を与えています。

また、身体的強さと瞬間的スピードの速さの点でも、評価は高いのです。

ただし、秋元陽太選手の高いボールに対する処理には、良いとする人と、あまり良くないという人の両方に分かれているのです。

筆者が見た限りの印象では、反応は速いが、守備範囲はやや狭く、ハイボールにはやや弱いように見えますね。

もうひとつ、キャッチとパンチングの判断と使い分けには、やや難があるように見えます。

とはいえ、秋元陽太選手は、重大といえるような欠点は、比較的少ない方のゴールキーパーだと思います。

あるサイトのポジション別の採点では、秋元陽太選手は6位にランクインしていました。

この上には5位に楢崎選手と、4位に権田選手が入っていますので、ほぼ同位ということになりますね。

また、別のサイトでのランキングでも、秋元陽太選手は曽ヶ端選手と同点の5位、7位には元FC東京の塩田選手(現大宮)となっていました。

これらのランキングを見ても、秋元陽太選手はゴールキーパーとして最高クラスとまでは行かなくても、一定の評価は得ているということが、おわかりいただけるかと思います。

なお、参考までに、以下にFC東京の歴代ゴールキーパーリストの抜粋を載せておきます。

※このリストはお馴染みの選手に限っており、歴代のFC東京の全ゴールキーパーではありません。

  • 土肥洋一 2000-2007
  • 塩田仁史 2004-2014
  • 権田修一 2007-2015
  • ブラダ・アブラモフ 2015
  • 秋元陽太 2016-

この中では、あえてゴールキーパーとしてのランキングをつけるとすれば、権田選手、塩田選手、アブラモフ選手、秋元選手という順でしょうか。

 

FC東京・秋元陽太のGKとしてのキャッチとパンチは?

秋元 評価 CIMG3818

秋元陽太選手のゴールキーパーとしてのキャッチとパンチの使い分けについては、ネットでは辛口の評価が多いようです。

「ゴールキーパーはキャッチしてはいけない場面では、キャッチしないことも重要だよ」

「シュートは前にははじけないから、ちょっとだけ触って後ろにそらせたりする判断も重要だな」

「ゴールエリアのあんな広いスペースで真正面キャッチ、ここに来るだろうとあてる読みは凄い」

「秋元はキャッチングがマジで下手糞だな」

「ひどいもんだよ、ボールにバチッと手をぶつけている感じ」

「塩田とか見た人からみれば、下手糞すぎて見てられない」

「塩田は吸い込むようなキャッチングだし、権田もそのレベル」

「アブラモフはキャッチングなどの基本的な技術は高かったと思う」

「権田は若い時から試合に出ていて、すごいとか言われているが、出初めのころははひどかった。『権田よりマシ』ってフレーズができたほど失点していた。ガスはよく我慢してあそこまで育てたよ」

やはり、秋元陽太選手が過去のFC東京のゴールキーパーたちと比較されてしまうというのは仕方のないことですし、いずれは、これらの辛口コメントが消えるような成長を、秋元陽太選手に期待したいですね。

 

FC東京・秋元陽太の使用キーパーグローブは?

サッカーでゴールキーパーが使うキーパーグローブは、特殊なゴールキーパー用グローブです。

なにしろ、新品のグローブの場合、下に置いたボールにグローブをつけた手を当てただけで、そのまま手(グローブ)にぴったりと張り付いて、上に持ち上げられるくらいなのです。

秋元陽太選手愛用のキーパーグローブは、『ナイキ GKグローブ グリップ 3(ブラック×ホワイト)』というブランドのようです。

ナイキ GKグローブ グリップ 3(ブラック×ホワイト)

秋元 グローブ F161NK0339

メーカー:ナイキ/NIKE 品番 GS0279/098

価格は、実売で5900円程度です。

ナイキ独自のグリップ3テクノロジーを搭載し、ボールコントロール性を高めたテイクダウンモデルらしく、色はブラック×ブラック×(ホワイト)の2種類があります。

また、このグローブの特徴としては、次のような特徴があります。

特徴

  • 親指、人差し指、小指の3本にコンタクトフォームをラッピング
  • 全天候に対応可能な3mmのスムースラテックスフォームパームを使用
  • 甲部にエンボス加工の人工皮革、通気性の良いメッシュを使用
  • 手首部分はトンネル構造で、グローブ内への砂などの侵入を防ぐ

スペック

素材 天然ゴム44% ポリエステル43% エチレン酢酸ビニル12% ポリウレタン1%

生産国 中国

発売時期 2015年12月発売

シーズン 2016春夏

なお、ヤフオクにて、秋元陽太選手実使用品としてこのグローブが、5000円で出品されていました。

(残念ながら、そのグローブは既に売れてしまったようです)

まとめ

今回は、FC東京に所属するゴールキーパー・秋元陽太選手の評価や、キャッチとパンチの使い分けの問題、使用しているキーパーグローブなどを見てきました。

秋元陽太選手の評価は、ゴールキーパーとして、まずまず良い方に入ると思いますが、中にはかなり辛辣な意見もあります。

秋元陽太選手の記事とは直接関係ありませんが、FC東京のゴールキーパーといえば、オーバートレーニング症候群になった権田選手のその後の復調はどうなのか気になるところですね。

いつかは戻ってきて、秋元陽太選手と競い合うことになるのでしょうか。

ゴールキーパーというポジションは、試合に出られる選手数はただ1人です。

しかも、相手のシュートを防ぐ以外にも、フィードの正確さや、ぶつかり合いにも強い身体能力など、様々な能力が求められる大変なポジションです。

その大変なポジションをつとめる秋元陽太選手には、キャッチング、その他の技術のさらなる進化を期待しています!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-選手