選手

ウタカの出身・身長や性格などの経歴とFC東京の大補強を考察!

投稿日

2016年のJリーグ得点王のピーター・ウタカ選手が、なんとFC東京へ移籍!

これで2017年のFC東京には、大久保嘉人選手、永井謙佑選手、太田宏介選手、高萩洋次郎選手に加えて、ピーター・ウタカ選手も加入ということになり、とんでもない陣容になってしまいました。

こんなによそから選手を取っていいのか!

という声も挙がっていますよ。

そこで本記事では、ピーター・ウタカ選手の出身地や身長などの経歴プロフィールなどを調べてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

ウタカまで移籍獲得!なぜFC東京は大型補強を?

まず最初に、

『なぜFC東京はかつてない大型補強を進めたのか?』

という謎についてです。

大久保嘉人選手の年棒だけで1億円以上になる上に、さらに1億円クラスのピーター・ウタカ選手まで獲得してしまったのです。

2017年シーズンのFC東京の大型補強は、推測年俸額で見ますと、

FC東京の2017年シーズンの移籍選手の推測年俸額

大久保嘉人選手 1億2,000万円

ピーター・ウタカ選手 1億円

高萩洋次郎選手 6,000~7,000万円

太田宏介選手 6,000万円

永井謙佑選手 4,500万円

合計 約3億8,000千万円

という大変な金額になります。

もちろん、上記以外にも森重真人選手が1億円ですし、高額な年俸の選手が多数いますので、FC東京の年俸総額はこの数倍になるでしょう。

FC東京は、これほどの年俸を支払ってまで、なぜ大型補強を行うのか。

それが筆者には不思議でなりませんでした。

FC東京の財政は大丈夫なのか?と他人の財布を心配したくなるくらいなのです。

しかし、少し計算をしてみますと、そんなに心配する必要はなさそうなのです。

その理由は、ひとつには移籍による選手の放出があり、その分、年俸額が減少するからです。

FC東京の2016年シーズンをもって移籍放出した選手の年俸額

ハ・デソン選手 8,500万円

高橋秀人選手 4,000万円

平山相太選手 3,500万円

駒野友一選手 3,200万円

羽生直剛選手 2,000万円

合計 約2億1,000万円

移籍加入や放出による年俸額の増減は、

3億8,000万円 ー 2億1,000万円 = 1億7,000万円

となります。

 

そして、FC東京がここまでの大型補強を進めた、もうひとつの理由は、JFAの収入が、DAZNとの契約により数倍に増え、そのため2017年からは

各賞金や分配金などの金額が大幅に増額

となるからです。

2017年のJFAの各種賞金や分配金

優勝賞金

3億5,000万円

2016年の約2倍になります。

2017年に新設された理念強化配分金

J1優勝 3年に分けて、10億、4億、1億5千万の合計15億5,000万円

2位 3年に分けて、4億、2億、1億の計7億円

3位 2年に分けて、計3億5,000万円

4位 1億8,000万円

このような巨額な配分金が入ります。

こうして見ると、FC東京は優勝さえすれば、年俸の支払いなど問題ではないでしょう。

しかも3位でもプラスになり、4位でトントン。

神戸が、年俸約10億円と言われる、元ドイツ代表選手のポドルスキ選手の獲得に乗り出しているのも、この制度を見越してのことかも知れませんね。

さらには、有名選手の加入による観客動員数の増加も見込めます。

1試合平均で、1,000~3,000人くらいの増加はありそうな気がしますね。

 

これまでのFC東京の移籍・補強は、

あまりうまくない

という不名誉な定評がありましたが、2017年シーズンの移籍・補強については、

グッジョブ!

だと思いますね。

 

ピーター・ウタカの経歴プロフィール!出身や身長は?

次に、ピーター・ウタカ選手の経歴プロフィールを紹介していきましょう。

ピーター・ウタカのプロフィール

名前 ピーター・マドゥアブチ・ウタカ

日本での愛称 ウタカ ウタ

出身地 ナイジェリア・エヌグ州エヌグ

国籍 ナイジェリアとベルギーの2カ国

生年月日 1984年2月12日(33歳)

身長 178センチ

体重 79キロ

利き足 右

ポジション フォワード

所属 FC東京(注 期限付き移籍の予定)

ピーター・ウタカのユース歴

1997年 UNTHナイジェリア

1999年-2000年 ディナモ・ザグレブ(クロアチア)

2000年-2004年 UNTHナイジェリア

ピーター・ウタカのクラブ歴

2003年-2004年 マースメヘレン(ベルギー)

2004年-2007年 ウェステルロー(ベルギー)

2007年-2008年 ロイヤル・アントワープ(ベルギー)

2008年-2012年 オーデンセ(デンマーク)

2012年-2013年 大連阿爾濱(中国)

2013年-2014年 北京国安(中国)

2014年 上海申花

2015年 清水エスパルス

2016年 サンフレッチェ広島(完全移籍)

2017年 FC東京(注 期限付き移籍の予定)

ピーター・ウタカの代表歴

2010年-2012年 ナイジェリア代表

ピーター・ウタカ選手は、ナイジェリアとベルギーの二重国籍となっていますが、その経緯については、残念ながら不明です。

ごく若い頃からヨーロッパ指向があったようで、プロとしてのサッカー歴も、ベルギーで開始しています。

ウタカ選手がベルギー国籍というのも、そのあたりが関係しているかも知れませんね。

ベルギーと、デンマークのチームを渡り歩いた後は、中国リーグに移籍。

一時は、1シーズン20得点という爆発力を見せたものの、その後はわずか3得点のシーズンがあるなど、ウタカ選手には不安定なところも見られます。

そして、清水エスパルスに完全移籍。

28試合で9得点と活躍しましたが、神戸のJ2陥落にともない、サンフレッチェ広島に移籍となりました。

2016年には大久保嘉人選手らを押さえて、

19得点でリーグ得点王

と大爆発!

しかしウタカ選手の年俸の高額化により契約が難航、2017年はレンタル移籍でFC東京入りとなったのです。

ウタカ選手の出身地であるナイジェリアのエヌグは、ナイジェリア南東部にあるエヌグ州の州都。

人口は約69万人。

一時は、ナイジェリアの首都でもありました。

20世紀初めに炭鉱が発見されたため、エヌグがナイジェリアの主な工業都市に発展。

ピーター・ウタカ選手は、このエヌグの大学病院のサッカーチーム、UNTHナイジェリアでサッカーを始めました。

身長は、178センチと決して大柄ではありませんが、アフリカの選手らしく筋肉が発達した見事な身体を持っています。

 

ピーター・ウタカの性格をチェック!

性格ではありませんが、ピーター・ウタカ選手は

おでん大好きサッカー選手

なのです。

すきなおでんはと聞かれると、

「タマゴと大根がいいね。

あとあのスパゲティみたいなのもすきね。」

このスパゲティまがいとは、しらたきのことらしいですよ。

なお、関係ありませんが、筆者もしらたきは大好物です。(笑)

また、ピーター・ウタカ選手は、日本語も少しできるようで、インタビューにも簡単な日本語を交えて答えていました。

ピーター・ウタカ選手は、明るく陽気な性格のようで、インタビューにも終始笑顔で答え、ピッチの外ではジョークを連発して、周りを笑わせていました。

広島の選手の言葉ですが、ピッチ上でも

「困った時にはおれに出せと、いつも言ってくれるんですよ。

非常にポジティブな声を掛けてくれるし、厳しい言葉でチームに喝を入れてくれることもあります。

本当に頼もしい存在ですよ」

とのことで、頼りになる人のようですね。

こんな言葉もあります。

「とにかく明るいし、みんなの中に溶け込もうとする意欲をすごく感じるんですよね。

あいさつを含めて、日本語も結構しゃべれるようになってきたし、積極的に言葉を覚えようとする姿勢もあります。

日本人のことをリスペクトしてくれるし、どうやら清水時代におでんが大好物になったみたいで、静岡おでんが一番おいしいとか言っては、よく食べていますよ」

ピーター・ウタカ選手の嫁と結婚について調べたのですが、これが全く情報がありません。

嫁の名前や画像どころか、結婚しているのかいないのかさえ、なんの情報もないのです。

ここまで情報がなにもないということは、あるいは故意に隠しているのかも知れませんね。

 

まとめ

今回の記事は、2017年のFC東京の補強や、ピーター・ウタカ選手の出身地・身長などの経歴プロフィールから性格までを紹介しました。

これで、2017年のFC東京は大久保嘉人選手、永井謙佑選手、ピーター・ウタカ選手と、フォワードを中心に強力選手が勢揃いしました。

これまで移籍や補強が、あまり上手くないFC東京にしては、グッジョブ!の一言につきますね!

ウタカの記事はコチラもよく読まれてます!

ウタカのFC東京移籍理由とその起用法は?プレースタイルを考察!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-選手