FC東京

FC東京の2017年の選手年俸ランキング一覧!1位はあの移籍選手!

更新日

2017年度FC東京の選手年棒の総額は、

Jリーグ第2位

と、かなり気前のよいものです。

年俸総額の場合は、1人~2人の高額な選手がいると、ドンと跳ね上がりますので、総額が上位だからといって、平均額も高いとは限りません。

たとえば、

ヴィッセル神戸が狙っているポドルスキー選手は、一説には

年俸10億円!

と言われています。

もし実現すればポドルスキー選手だけでJ1下位の3チームくらいになりますね。

さすがにFC東京には、そこまで高額年俸の選手はいませんが…。

今回は、FC東京の選手の年俸ランキングと、選手個別の年度別の年棒も含めて調べてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

FC東京の年俸ランキング一覧!

森重 maxresdefault

FC東京の場合は、これまでは飛び抜けて高額な年棒を貰っている選手はいませんでした。

しかし2017年には大物選手の加入などで、これまでとは大きく様変わりをしています。

なお、年俸金額については、ほとんどの場合、チームでの公式発表はありません。

そのため、全ての年俸データは推定によるものです。

また、現時点では年俸額が不明の選手もいます。

それでは、FC東京の2017年度の年棒ランキング一覧を紹介しましょう。

2017年のFC東京年棒ランキング一覧(敬称略)
順位 選手名 年棒額
1位 大久保嘉人 1億2000万円
2位 森重真人 1億円
3位 永井謙佑 7500万円
4位 ネイサン・バーンズ 7000万円
5位 徳永悠平 5000万円
5位 前田遼一 5000万円
7位 石川直宏 3500万円
7位 丸山祐市 3500万円
7位 中島翔哉 3500万円
7位 梶山陽平 3500万円
7位 米本拓司 3500万円
12位 東慶悟 3200万円
13位 阿部拓馬 3000万円
13位 河野広貴 3000万円
15位 吉本一謙 2000万円
15位 田辺草民 2000万円
15位 橋本拳人 2000万円
18位 室屋成 1000万円
18位 小川諒也 1000万円
18位 大久保択生 1000万円
21位 ユ・インス 720万円
22位 平岡翼 480万円
22位 山田将之 480万円
24位 柳貴博 360万円
24位 岡崎慎 360万円
24位 波多野豪 360万円
24位 廣末陸 360万円
24位 佐々木渉 360万円
24位 内田宅哉 360万円
24位 鈴木喜丈 360万円

このように年俸一覧ランキングで金額を見ますと、やはり大久保嘉人選手が凄いですね。

それと、どうやら森重真人選手が、ついに1億円の大台に乗ったようで、おめでたいことですね!

永井選手やバーンズ選手は、ほぼ予想通りの年俸金額ですが、徳永選手が意外に稼いでいる印象です。

もしかしたら功労給といった類の評価も含まれるのかもしれませんね。

 

FC東京の中心選手の年代別年棒額をチェック!

米本 20160307-01625158-gekisaka-000-view

次に、FC東京の選手の年度別年俸が、どのようものか調べてみました!

紹介するのは、中心選手の年代別年棒額です。

大久保嘉人の年俸推移

2017年 1億2000万円 (FC東京)
2016年 1億円 (以下川崎フロンターレ)
2015年 1億円
2014年 9000万円
2013年 7200万円
2012年 7000万円
2011年 8000万円

森重真人の年俸推移

2017年 1億円
2016年 6300万円
2015年 6000万円
2014年 5000万円
2013年 4800万円
2012年 4000万円

米本拓司の年俸推移

2017年 3500万円
2016年 3800万円
2015年 3500万円
2014年 2500万円
2013年 1800万円
2012年 1800万円

徳永悠平の年俸推移

2017年 5000万円
2016年 6000万円
2015年 5800万円
2014年 5800万円
2013年 5800万円
2012年 4500万円

梶山陽平の年俸推移

2017年 3500万円
2016年 3800万円
2015年 5000万円
2014年 5000万円
2012年 3800万円

東慶悟の年俸推移

2017年 3200万円
2016年 3200万円
2015年 3000万円
2014年 3000万円
2013年 2500万円
2012年 1600万円
2011年 1000万円

前田遼一の年俸推移

2017年 5000万円
2016年 5500万円
2015年 5000万円

石川直宏の年俸推移

2017年 3500万円
2016年 4000万円
2015年 5000万円
2014年 5000万円
2013年 5800万円
2012年 5800万円

丸山祐市の年俸推移

2017年 3500万円
2016年 2000万円
2015年 1800万円

中島翔哉の年俸推移

2017年 3500万円
2016年 2000万円
2015年 1800万円

これをみる限りでは、丸山選手や中島選手のような、伸び盛りの若手選手の年俸はアップ率が高いようです。

 

まとめ

今回は、2017年のFC東京の選手の年俸ランキング一覧を見てきました。

これまでのFC東京の年俸は、平均的にはJリーグの上位にあるものの、飛び抜けて高額年俸の選手はいなかったのです。

しかし、2017年度は大久保嘉人選手や森重真人選手のように、億単位の年俸を稼ぐ選手も出てきました。

そして年俸総額でもJリーグ2位という、高額年俸のチームとなったのです。

ぜひ2017年には、この高額年俸を裏切らない好成績を期待したいですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-FC東京