小ネタ

FC東京魂の出演者や芸人ゆってぃのプロフィールや芸風をチェック

投稿日

FC東京魂 5f3e394f36e3c53da1e7b58b9e330af2のコピー

『FC東京魂』というFC東京の応援番組が、東京MXテレビで毎週金曜日23時に放送されています。

この『FC東京魂』は、MCの土屋礼央さん、解説の渡邉一平さんなどの出演で、FC東京の今節の試合のトピックや、次節の案内、選手とのインタビューなどをまとめてお届けしています。

それだけではなく、レポーターとして芸人のゆってぃさんや、ジョナサン・シガーさんなど、ユニークな出演者も揃えて、『FC東京魂』を見る人をさらに楽しませてくれていますね。

そこで今回は、そんな『FC東京魂』に焦点を当て、ゆってぃさんやジョナサン・シガーさんなどの芸人としての芸風や、プロフィールなどを見ていきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

FC東京魂の番組と出演者をチェック!

FC東京魂 2 maxresdefault

『FC東京魂』ですが、基本的には、"応援番組"ということで、当然ながらFC東京寄りの"偏向"した番組内容となっています。

番組の冒頭でも、

「この番組はFC東京に偏った内容ですので・・・」

というお決まりのお断りが、『FC東京魂』毎回の放送時に入っておりますので、他チームのファン方はご注意くださいね。

他チームのファンの方が視聴していて、途中で怒り出して、テレビなど壊してしまっても、当局(MXテレビですね)は関知しません!ということですね。

『FC東京魂』の出演者ですが、MCは土屋レオさん、試合の解説などは渡邉一平さん、レポーターとしては、芸人のゆってぃさんとジョナサン・シガーさん、他にもアジラッピィさんも出演しています。

以前は、川内ネネさんも出演していたのですが、現在は学業優先のため、たまにしか『FC東京魂』に顔をださないようです。

ゆってぃさんは、選手とのインタビュー時には、最後には例の

「キョーレツゥ!チッチャイことは気にするな! それ! ワカチコ!ワカチコ!」

を選手と一緒にやって締めます。

ジョナサン・シガーさんは、以前はホームとアウェーの両方で、レポートをしていたのですが、現在はアウェーのみの出演となっているようですね。

なおこの面子は、MXテレビのFC東京の試合中継でもそのまま出演しています。

 

『FC東京魂』出演者の芸人・ゆってぃのプロフィールと芸風は?

FC東京魂 ゆってぃ 2ba97c03d310d19c18ccb8946cf9630e

次に、『FC東京魂』に出演中の芸人・ゆってぃさんの、芸人としてのプロフィールから見ていきましょう。

ゆっていのプロフィール

本名 藤堂雄太(とうどうゆうた)
ニックネーム とーどーゆーた(旧芸名のようです)
生年月日 1977年1月25日
出身 東京都杉並区

血液型 O型
身長 174センチ
学歴 堀越高等学校卒業

芸風 漫談
グループ名 マンブルゴッチ(1995年 - 2002年) グーニーズ(2006年解散)
相方 村龍俊(マンブルゴッチ)
事務所 プロダクション人力舎
同期 北陽、おぎやはぎ、その他多数
現在出演中の代表番組 F.C.TOKYO魂!

ゆってぃの主な出演番組

FC東京ホットライン年末スペシャル (TOKYO MX 2010年12月)
トーキョー魂!→F.C.TOKYO魂! (TOKYO MX 2011年3月-) レギュラーコーナー「ゆってぃの青赤探検隊」に登場。

アンタッチャブルのシカゴマンゴ (TBSラジオ)
お笑いDynamite! (TBSテレビ) キャッチコピーは「お笑いアイドリング」
エンタの天使 (日本テレビ) キャッチコピーは「エスニックなスーパーアイドル」
爆笑レッドカーペット (フジテレビ) キャッチコピーは「目指せスーパーアイドル」
お笑いメリーゴーランド (TBSテレビ)
21世紀エジソン (TBSテレビ)
ジャイケルマクソン (毎日放送)
爆笑一番 (秋田テレビ)
カンニングの恋愛中毒 (GyaO!)

ゆってぃさんの芸風としては、漫談のジャンルに入るのでしょう。

『スーパーアイドルゆってぃ』をキャッチコピーとして使い、まず前振りとして、

「ゆってぃ、辛いことがあってもそれがなになにー」

「ゆってぃ、もう小さいことがあっても全く気にしないの」

などのセリフから入ります。

そして、ゆってぃさんの日常のできごとなどを自虐的に語っていきます。

最後に締めとして、

「キョーレツゥ!チッチャイことは気にするな! それ! ワカチコ!ワカチコ!」

というセリフで締めるのです。

これらのセリフのゆえんですが、

「なになにー」

は、『マンブルゴッチ』時代の相方だった川村龍俊さん発案のギャグだそうです。

また、

「キョーレツゥ!」

は、『グーニーズ』時代の相方、寺崎仁人さん発案のものです。

その後、オチの台詞を

「**が強めー!」

というセリフで締めることもあるようですが、このセリフは、『東京03』の角田晃広さんが、ナンパをした時の、女性の発言から来ているとのことです。

『FC東京魂』でもおなじみの

「ワカチコワカチコ」

は、少年隊の『デカメロン伝説』からのもので、"ワカチコ"は、『ワカサ・チカラ・コンジョウ』の略なのだそうです。

ゆってぃさんの当初の衣装は、ギンギラギンのアイドル風のものでしたが、これは楽屋に置いておいたら、悲しいことに盗まれてしまったとのことです。

このゆってぃさんは、トリオでやっている時代は、どちらかというと硬派な芸風でしたが、その時は、まるで売れなかったのです。

これはゆってぃさんご本人の弁ですが、その後、ある時、なんの気なしにふとネタ帳を見たら、どういうものか"ワカチコ"と書いてあったそうです。

そこで『はた!』と王子様のような設定を思いつき、ギンギラギンの衣装をドンキホーテで買いこみ、それを着て、"ワカチコ"という王子様に仕立てたということです。

これがうまいこと当たって、

「ちっちゃいことは気にすんな!それ、ワカチコワカチコ」

が誕生したわけですね。

最近のライブでのネタですが、『海の男』というネタをやっているそうです。

「男は海のように心が広くなきゃいけない」

というセリフから始まり、

「後輩がこんなマイナスなことを言っていたが、でも俺のほうがこんなにマイナスだ。それでも楽しいね」

といったネタだそうです。

これは話だけ聞いても、正直、なにが面白いのか、さっぱりわかりませんが、実際の舞台ではキンキラの衣装を着て、効果音を流すと、まるで印象が違うそうですよ。

 

『FC東京魂』出演者!ジョナサン・シガーのプロフィールは?

FC東京魂 シガー o0800120012194216627

お次は、ジョナサン・シガーさんのタレントとしてのプロフィールです。

ジョナサン・シガーのプロフィール

ジョナサン・シガー(Jonathan Aaron Sieger 本名同じ)
生年月日 1984年8月3日
出身 台湾生まれの群馬県
国籍 アメリカ
血液型 A型。
芸風 おバカキャラのいじられ役

学歴 高崎市立佐野中学校卒業 - 群馬県立高崎工業高等学校卒
職業 モデル、タレント
所属 エイジアプロモーション

ジョナサン・シガーの主な出演番組

ジョナサンの映画カムカム
5時に夢中! (TOKYO MX)
F.C.TOKYO魂! (TOKYO MX)
特番「FC東京 J1復帰への道」 (TOKYO MX)

ノンストップ! (フジテレビ)
問題のあるレストラン 第6話(フジテレビ)
逃走中 (フジテレビ)
ニノさん 「ニノさんの悲しみランキング」(日本テレビ)
踊る!さんま御殿!! (日本テレビ)
和風総本家  (テレビ大阪)
スポーツパラダイス (静岡朝日テレビ)

ジョナサン・シガーさんは、アメリカ国籍ではありますが、一度もアメリカに住んだことがなく、英語も全く話せないという、一風変わった「ヘンな外人」です。

ジョナサン・シガーさん本人の言葉ですと、

「アメリカに住んだ経験は1秒もない」

とのことです。

ジョナサン・シガーさんの両親は、イタリア人とアメリカ人のハーフで、父は宣教師、母はモデルという、これまた一風変わった組み合せのご両親でもあります。

もっとも一説には、ジョナサン・シガーさんの父親のマックスウェルさんは、米国のロサンゼルス出身で、母親のミッシェルさんはニューヨークの出身で共に宣教師というものもあります。

これは、テレビでのジョナサン・シガーさん本人の話にありますので、おそらくはこちらの方が正しいようですね。

祖母が、元ハリウッド女優のヴァージニア・アン・リーで、彼女は、フランク・シナトラにも認められていたそうです。

シナトラのほかにも、マリリン・モンローや、ジーン・ケリー、フレッド・アステアなどの有名俳優にも認められていて、かつては共演したこともあるそうですよ。

また、芸人の『厚切りジェイソン』がブレイクして出てからは、それをもじって「薄切りジョナサン」と呼ばれるようになりました。

最後に、ジョナサン・シガーさんのエピソードです。

「六本木あたりで英語で道を訊かれたら・・・申し訳ないけどシカトします」

それと、MXテレビの『5時に夢中!』出演時は、おバカさんキャラとして、共演の女優さんにいじられる役だったみたいです。

 

まとめ

今回は、FC東京の応援番組『FC東京魂』の出演者の紹介や、出演している芸人さんのプロフィールと芸風などをご紹介してきました。

芸人のゆってぃさんが、当初は硬派なキャラだったとか、ジョナサン・シガーさんが、実はいじられ役だったとか、今では信じられないような話もありますが、全て事実のようですね。

それにジョナサン・シガーさんのご両親は宣教師で、極貧の中、日本国中を布教して歩き、ジョナサン・シガーさんは、兄と共にトランクを寝床にしていた、という涙ぐましい逸話もあります。

それはともかくとして、『FC東京魂』は、FC東京ファンなら必見の応援番組で、ここで紹介した以外にも色々と面白い情報や逸話もありますので、他チームのファンでなければ、ぜひ一度視聴してみることをおすすめします!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-小ネタ