選手

太田宏介(FC東京)の家族(兄・母)とのエピソードと使用スパイク紹介

投稿日

一見すると、太田宏介選手のイメージは、剽軽さや明るさ、さらには

チャラいわぁ!

(瑛茉ジャスミンさんによる笑)

というイメージです。

しかし、素顔の太田宏介選手は、どうもそんなイメージとは少しばかり違うようなのです。

といって、生真面目、堅物というわけでもありません。

剽軽さや明るさは、太田宏介選手の地でもあるようなので、それが上っ面だけというわけでもありません。

ただ、それらとは別の顔を、太田宏介選手が持っていることも、間違いなさそうです。

今回は、太田宏介選手の家族(兄・母)に焦点を当てたエピソード、使用しているスパイクなどを見ていきましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

太田宏介の家族(兄・母)と高級車

FC東京の太田宏介選手は、少年時代は何不自由ない豊かな生活を送っていたようです。

ご本人の言葉によりますと、

「小学生の頃は、ちょっとしたお坊ちゃんだったのです」

とのこと。

当時から熱中していたのはサッカー。

地元の少年サッカーチーム『つくし野サッカースポーツ少年団』で、仲間と楽しく過ごした時間は、一生の想い出になっているそうです。

しかし、その幸せに満ちた時間は、長くは続きませんでした。

太田宏介選手が中学3年の時に、突然母親から

離婚する

という話を聞かされた時、太田宏介選手は茫然と立ちすくみました。

ここで放心常態の太田宏介選手の強く太い支えになってくれたのが、兄の大哉さんでした。

兄の大哉さんは、この時、既に大学生。

茫然とするだけで、何も考えられない太田宏介選手とは違い、兄・大哉さんには母親の離婚後の生活がどうなるのか、おおよその見当はついていたようです。

ならば、俺が(太田宏介選手の)父親の代わりになる

と、心に決めたと、後に語っています。

もし、この時お兄さんがいなかったら、太田宏介選手はグレるか、サッカーをやめてしまうか、いずれにしても、今のJリーガー太田宏介は存在しなかったでしょう。

母と父の離婚後は、一戸建ての家から風呂さえついていない、古ぼけたアパートでの

最底辺の生活

が始まりました。

引っ越した夜には、親子3人で誓いを立てました。

その誓いは・・・

一日も早くここから脱出しよう!

当時の太田宏介選手の進学したい高校は、サッカーの有名校である桐光か桐蔭に行きたかったそうです。

しかし、費用がかかるので諦め、麻布大学附属渕野辺高校に進学したのです。

これには、後に川崎フロンターレに入ることになる小林悠選手のお母さんから、

「一緒にいきましょう」

と誘われたことが、大きな理由でした。

この間、兄の大哉さんは、太田宏介選手に

「お前にはサッカーがある!」

と励まし続けてくれました。

そして、二人の共通の信念と目標は、この最底辺の生活から這い上がり、

必ずいつか二人でお金を稼いで母親を楽にさせる

ということでした。

この時、母親の祐子さんは、はじめて子供たちの前で涙を見せたそうです。

そして、

「子供達はもう私を越えた」

と語っています。

そのため高校でのサッカーは、中学までのエンジョイサッカーとは違い、太田宏介選手にとって、

『必ずプロになる』

という強い気持ちを胸に秘めた激しいものとなりました。

そのひたむきな姿勢は、高校の監督である石井監督にも認められました。

「プロになるという決心があったためか、一切の妥協がなく闘争心があった」

というのが後の石井監督の言葉です。

太田宏介選手が高校を卒業する頃には、母からは、

「大学に行きたければそういいなさい。かならず行けるようにするからね」

と言われていたのですが、太田宏介選手はプロ入りの決意を変えません。

そして、当時J2の横浜FCから太田宏介選手に声がかかり、晴れて入団となったのです。

Jリーガー太田宏介の誕生です。

 

プロになって1年目。

太田兄弟は大冒険をしました。

なんと、借金をして分譲マンションを購入したのです。

この時、太田宏介選手はまだ貯金もなく、兄の大哉さんも収入はごく僅かだったのです。

通常なら無謀としか言えない行動です。

ですが、この時の兄弟には、

リスクよりも自分の向上のためのプレッシャー

というイメージがあったそうです。

サッカーについては、高校時代に太田宏介選手のクロスの精度は『超高校級』という評価が定まっていましたが、横浜FCではサイドバックというより、完全なディフェンダー扱いで、大した活躍はできませんでした。

その後、あの『狂気のサイドバック』都並氏が横浜の監督となると、太田宏介選手のサイドバックとしての資質に磨きがかかりました。

また、この横浜FC時代には、多数の往年の名選手や、現役の名選手と知り合い、それも非常に刺激になったそうです。

この時、太田宏介選手と顔見知りになったのは、

清水の小野伸二選手、高原直泰選手、岡崎慎司選手

FC東京の石川直宏選手、羽生直剛選手

など、サッカーファンで名前を知らない人はいないという大物揃いです。

同世代でも、森重選手や高橋秀人選手が日本代表になったことで、太田宏介選手は大いにモチベーションを上げたそうです。

その後、FC東京に入団すると、左サイドバックとして定着。

Jリーグベストイレブンや日本代表にも選ばれました。

この頃には、太田宏介選手は、数千万単位の年棒を貰うようになり、兄の大哉さんもブランド品売買の株式会社を設立。

生活には全く不安がなくなっていました。

そして、苦労をかけたお母さんには、

高級車をプレゼント

する程になっていたのです。

しかし、太田宏介選手には、『慢心』という文字は無縁でした。

それは、横浜FCを退団するときに、三浦選手から送られた言葉、

自信と過信は紙一重

が、常に心の中にあったからです。

そして、新年の初詣で絵馬に書く文字は

飛躍し続ける

でした。

母親の祐子さんは、そんな兄弟を見守りつつ、心をなごませているそうです。

現在の太田兄弟は、お兄さんの大哉さんが、フェイスブックで宏介選手の現況を書くなど、満ち足りた中にも自戒の念を常に忘れない、そんな生活のようですね。

大哉さんのフェイスブックでの言葉より

昨日僕の弟が、サッカー日本代表に選出されましたー!!

弟を支えてくれている全ての方々に感謝します!!

本当にありがとうございます!

(中略)

弟が周りの人に感謝する以上に、僕は太田家を代表して、皆様に感謝しなければならないと、いつもそう思っています。

僕たちはまだまだこれからが本番です。

日本代表だけが成功ではありません。

僕にとっても弟にとっても、今はまだ通過点、これからも太田宏介をよろしくお願いします。

ということで、めでたしめでたし・・・

 

FC東京・太田宏介の使用スパイクは?

太田宏介選手が使用しているスパイクについて、これまで

ミズノのモレリア

を、2008年からの8年間も愛用してきました。

それが2016年2月からは、

スパイクの契約をミズノからナイキに変更した

のです。

このメーカー変更の理由は不明ですが、使用感などの製品上の問題ではなく、

スポンサー契約料などの金銭面からではないか、

と推測しています。

サッカー選手がスパイクの契約先を変更すること自体は、べつに珍しくもありません。

しかし、契約先の変更にともなって、

旧契約先への丁重に心のこもった感謝の言葉を、自分のブログに掲載する

ということは、あまり見たことがありません。

太田宏介選手の義理堅い律儀さと、感謝の精神が見えて、良い印象を受けましたね。

現在の太田宏介選手の使用スパイクは、

  • ナイキ ティエンポレジェンドVI
  • ナイキ マジスタオーパスII

などがメインとなっています。

ナイキ ティエンポレジェンド VI スパークブリリアンスパック

アッパーには、上質のカンガルー革を使用。

靴を内側から支える新しいミッドフットケージにより、滑りを抑えて抜群の安定感を生み出します。

そのカンガルー革には、

All Conditions Control(ACC)テクノロジー

を使用して、天候を問わないボールタッチを実現しているそうです。

スタッドは丸い形状のハードグラウンドエリプティカル(HG-E)で、芝生あるいは土のいずれでも、高いトラクションが期待できます。

このスパイクの価格は、ナイキ公式では

22,680円前後

価格コム調べでは、

12,000円程度

となっています。

ナイキ マジスタ オーパス II フラッドライツパック

こちらは

日本代表のスパイク

としても採用されているので有名ではないでしょうか。

このスパイクは、

Flyknit

という、ナイキ独自の軽量なアッパー構造と、縫い目のないレザーを組み合わせた製品です。

軽量なFlyknit技術は、このスパイクに限らずナイキのシューズの多くに採用されています。

しかし、

Flyknitと縫い目のないレザーの組合せ

は、おそらくこのスパイクがはじめてではないかと思われます。

超薄型のカンガルー革を使った、縫い目のないFlyknitアッパーと、Dynamic Fitの履き口を組み合わせることで、安定感と履き心地を共に向上させています。

スタッドは、ソフトグラウンド(SG)スタッズ。

モデルによっては着脱式の2種類のサイズが使用できる

というものです。

スパイクの価格はナイキ公式では、

42,120円

価格コム調べでは

13,500円程度

となっています。

 

まとめ

FC東京の太田宏介選手は、見た目のチャラさと素顔の姿が、かなり離れた所にあるようですね。

吉本と契約したり、『ラストキッス』では美女タレントさんと、お別れのキスをしたりするのは、見た目のイメージどおりです。

しかし、お兄さんやお母さんの語る話からは、真実の太田宏介選手の姿が浮き彫りになっています。

風呂さえない底辺のアパートでの生活や、そこから這い上がる過程でのお兄さんの存在。

それらが現在の太田宏介選手を支える土台になっているのでしょうね。

自信と過信は紙一重

感謝の気持ちをわすれない

太田宏介選手は、これらのモットーをこの先もずっと持ち続けていくのでしょう。

太田宏介の記事はこちらもよく読まれています!

太田宏介(FC東京)のプレースタイルと評価を紹介!海外の反応は?

太田宏介とジャンポケおたけがそっくり激似?吉本入りの真相とは

太田宏介の出身中学高校は?身長など経歴プロフィールを紹介!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-選手