選手

大久保択生のFC東京へ移籍の理由と評価は?年俸倍増確実か!?

更新日

J2のV・ファーレン長崎の正ゴールキーパーである、

大久保択生選手がFC東京へ完全移籍

となりました。

大久保択生選手は、V・ファーレン長崎の2016年シーズンでは、43試合に出場と、V・ファーレン長崎のほぼ全ての試合で、ゴールキーパーをつとめています。

身長190センチの大型ゴールキーパーとして、FC東京でも期待大ですが、FC東京への移籍の理由や評価、そして年俸がいくらなのかを紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

大久保択生のFC東京へ移籍の理由は?

FC東京公式サイトより、大久保択生選手の完全移籍加入のお知らせがありました。

大久保択生の本人コメント

大久保択生選手のコメント

このたび、FC東京へ加入することになりました、大久保択生です。

地元である東京の選手として、プレーできることをうれしく思っています。

チームの勝利に貢献できるよう、僕が持っている力をすべて発揮して頑張ります。

よろしくお願いします。

V・ファーレン長崎でのコメント

このたび、FC東京へ移籍することになりました。

長崎での3年間は非常に濃い内容で、貴重な経験が数多くできました。

チームメート、スタッフ、ファン、サポーター、スポンサー各社、その他V・ファーレン長崎に関わるすべての皆さまに、深く感謝しています。

長崎を離れることになりますが、活躍する姿を皆さんに見ていただけるよう、頑張ってまいります。

3年間、本当にありがとうございました

大久保択生選手のV・ファーレン長崎からFC東京への移籍理由ですが、とくにデータがありませんので、筆者による推測をお話していきましょう。

大久保択生選手の移籍の理由は、以下の3点。

  1. 金銭面(年俸アップ)
  2. J1の名のあるチームでプレーしたい
  3. 地元でプレーしたい

この3つではないかと思います。

通常の移籍でよく見られる

出場機会を求めて』というものではない

ことは確かです。

大久保択生選手は、V・ファーレン長崎の大半の試合で、正ゴールキーパーとして活躍していたからです。

さらに、FC東京には、サガン鳥栖の守護神で元日本代表選手でもある林選手の新加入や、元FC東京の正ゴールキーパーだった、権田選手の復帰の話もあります。

となると、大久保択生選手は、第2あるいは第3ゴールキーパーという可能性が高いです。

そんな状況なだけに出場機会を求めて、という理由はありえないでしょう。

金銭面では、後に年俸の話で触れますが、大久保択生選手の年俸は数百万円単位と思われます。

FC東京での年俸は明らかにされていませんが、少なくとも

V・ファーレン長崎時代の2倍以上は確実

ではないでしょうか。

それだけに金銭面での移籍が最大の理由と思われます。

ただ、J1の名のあるチームでプレーしたいという願いも、多分あることと思います。

J2でいくら活躍しても、一般的な注目度は決して高くはなりません。

やはり、日本のサッカーのトップリーグであるJ1でないと、ほとんど注目はされないのが実情です。

(実際に大久保択生選手も一般的には知られていませんよね)

FC東京の2017シーズンは、とく攻撃陣の強力補強で、優勝にも手が届くところまできています。

サッカー選手であれば、

一度は日本のトップリーグで優勝争いをしてみたい

と思うのは当然の気持ちでしょう。

また、『地元でプレーしたい』というのは、大久保択生選手は東京都江東区の出身だからです。

まぁこれはそれほど強い移籍の理由にはならないかもしれませんね。

 

大久保択生のゴールキーパーとしての評価は?

大久保択生選手といっても、FC東京のファンの方々には、お馴染みの名前ではありません。

まずは、大久保択生選手のプロフィールの概略などをご紹介しましょう。

大久保択生のプロフィール概略

名前 大久保択生(おおくぼ たくお)

愛称 タクオ

生年月日 1989年9月18日(27歳)

出身地 東京都江東区

身長 190センチ

体重 90キロ

所属 FC東京

ポジション ゴールキーパー

背番号 ?

利き足 右足

大久保択生のユース歴

1996-2001 砂町サッカークラブ

2002-2004 帝京中学校

2005-2007 帝京高等学校

大久保択生のクラブ歴

2008-2010 横浜FC

2011-2013 ジェフユナイテッド市原・千葉

2014-2016 V・ファーレン長崎

2017年- FC東京

大久保択生選手は、最初のJリーグチームである横浜FCでは、あまり目立った活躍はできませんでした。

ジェフユナイテッド市原・千葉でも出場機会は少ないまま、V・ファーレン長崎に移籍。

長崎では正ゴールキーパーの定位置を獲得して、現在に至っています。

大久保択生選手のゴールキーパーの評価としては、

  • ゴールキーパーなのに運動量が多い
  • 大型選手の割には動きの反応が良い

という声が多いようですね。

 

大久保択生の年俸はいくら?

大久保択生選手の年棒ですが、これまでのデータが全くありませんので詳細は不明です。

ただし、

V・ファーレン長崎のスタメンの総年俸は、

ガンバ遠藤ひとり分

と言われています。

なので、1億円(遠藤選手の年俸とします)を30人で分割すると、一人あたり

約330万円

ということになります。

多少の差があると思いますが、大久保択生選手の年棒も、その前後の額ではないかと推測しています。

また、大久保択生選手の市場評価額としては、

4万ユーロ(約655万円)

というデータもあります。

移籍するFC東京での年俸も、年俸600万程度ではないでしょうか。

 

まとめ

J2リーグのV・ファーレン長崎の正ゴールキーパー、大久保択生選手のFC東京へ完全移籍が決定しました。

移籍の理由は、推測ではありますが金銭面と、注目度の高いJ1のチームでプレーしたい、ということが理由ではないかと思われます。

大久保択生選手の年俸についても、正式なデータがありませんが、これも推測でファーレン長崎時代の2倍程度かと考えています。

2016年末にFC東京は、サガン鳥栖の守護神・林彰洋選手を獲得していますし、若手の大型有望選手、波多野豪選手と廣末陸選手も控えています。

なによりも、権田選手の復帰も…。

そんな状態なのに、なぜFC東京は、さらにゴールキーパーが必要なのか?

ちょっと不思議な気がします。

あるいは、権田選手の体調不良や、期限付き移籍延期があるのかもしれませんね。

大久保択生の記事はこちらもよく読まれています!

大久保択生の身長はいくつ?出身の中学高校とプレースタイル紹介

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-選手