小ネタ

FC東京の2016年の今年の漢字は三!その理由や意味をチェック!

投稿日

年の瀬になりますと、毎年色々な行事がありますよね。

『こんなことがありました』

『あんなこともありました』

『今年のナンバーワンはこれ!』

という、その年の総決算なニュースも、その内の一つです。

中でも、『今年の漢字』は、代表的なものですが、サッカーにもその『今年の漢字』があるのです。

それも各クラブチームごとに、『今年の漢字』を選んで発表するのですが、FC東京もめでたく、その漢字が決定しました。

FC東京の2016年の『今年の漢字』は、

です。

…これだけだと謎ですよね。

ということで、今回は2016年のFC東京の『今年の漢字』が"三"になった理由、またどのような意味を持つのかをご紹介していきましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

FC東京の2016年の『今年の漢字』は『三』

ということで、2016年のFC東京の『今年の漢字』は、

です。

"一"でもなく、"二"でもなく、"三"なのです。

FC東京の2016年シーズンの総合順位は、

位ですし、

監督交代でブレークしたのは、第

ステージからです。

ACL出場も

度目なのです。

また、FC東京U-18は日本クラブユース選手権と、Jユースカップの

冠となりましたが、これも"三"ではありません。

FC東京の『今年の漢字』に選ばれた"三"とは、一体どのような理由からなのでしょうか?

ここまで挙げてきた数字の中でFC東京に一番縁がありそうなのは"二"でしょう。

また、2017年の夢なら、Jリーグ

位です。

なにか不思議ですね。

なお、他のJリーグチームの『今年の漢字』は、以下のようになっています。

Jリーグ各チームの2016年の『今年の漢字』

サンフレッチェ広島 "耐"

2016年の広島は、浅野拓磨選手・水本裕貴選手・青山敏弘選手・ミキッチ選手などの主力が次々に故障。

さらには、森﨑浩司選手の引退や佐藤寿人選手の移籍もありました。

とにかく

えに耐え、

なんとか2016シーズンを乗り切りきった感じですね。

川崎フロンターレ "夢"

2016年は、セカンドステージ優勝という大きな

を見ました。

しかし、シーズンが終わってみると、最大の夢であるチャンピオンシップでは準決勝で敗退と、夢は泡となりました。

鹿島アントラーズ "共"

鹿島の2016年は激動のシーズンでしたね。

てっぺんから谷底へ、そしてシーズン終了まぎわには、

クラブチーム世界第2位

という大きな栄誉を勝ち取りました。

これも選手はもちろん、サポーターに至るまで、皆が

に戦ってきた成果でしょう。

ガンバ大阪 "滞"

ガンバ大阪の2016年は、停

の年でした。

ACLでは一勝も挙げられず、チャンピオンシップにも出場できませんでした。

大宮アルディージャ "上"

大宮アルディージャにとっての2016年は、久しぶりにJ1に上がって戦う1年でした。

チーム力は

昇機運にあるようですね。

横浜F・マリノス "全"

この2016年の『今年の漢字』企画は、J's GOALさんによるものですが、この横浜F・マリノスの『全』は、かなり苦しいこじつけのようです。

担当記者さんも

ての点で、苦労されたようです。

ジェフユナイテッド千葉 "迷"

ジェフユナイテッド千葉は、迷走の年でした。

関塚隆監督の指揮ぶりにも

いがあり、結局シーズン途中で監督交代となりました。

ちなみに、2015年のFC東京の『今年の漢字』は、

でした。

個人的には、この方が景気が良くて嬉しいのですが・・・

 

FC東京の2016年の『今年の漢字』"三"の理由や意味は?

それでは、改めてFC東京の『今年の漢字』の理由や意味です。

この"三"は、クラブ史上

度目である、

シーズン途中での監督交代のこと

なのですね。

正直言って、これはかなり苦しいこじつけのように思えます(笑)

2016シーズンは、若手選手としては、中島翔哉選手、室屋成選手、小川諒也選手の

名がブレークし、活躍を見せてくれました。

Jリーグでは三位にはなれませんでしたが、天皇杯の準々決勝にまで進出していますので、今日勝てば準決勝進出となり、

位はもちろん、一位にも手が届きます。

なんとしても勝ち上がって欲しいものですね。

(追記:残念ながら負けてしまいました…)

 

おまけに、筆者が選ぶFC東京の2016年の『今年の漢字』もご紹介しましょう。

その漢字は、

"迷"

です。

FC東京の前監督は、迷走からの迷走と、なにを考えているのか見ている方が

ってしまう、という意味ですね。

 

なお、Jリーグ限定ではなく『今年の漢字』を以下にご紹介しておきましょう。

日本の2016年の『今年の漢字』

1位 金

2位 選

3位 変

4位 震

5位 驚

6位 米

7位 輪

8位 不

9位 倫

10位 乱

倫理をわきまえないと、輪廻の輪にはまり込み、金に乱れると、変化の激震にみまわれて、驚いて震え上がる

という意味でもあるのでしょうか???

 

まとめ

毎年、年の瀬の恒例である、Jリーグ2016年『今年の漢字』。

FC東京の『今年の漢字』は、

でした。

この理由や意味は、クラブ史上

度目である、シーズン途中での監督交代のことなのだそうです。

ちょっと(いや、かなり)こじつけの感がありますが、それもまたご愛敬というものでしょう。

2017年こそは、『今年の漢字』が

勝でありますように!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-小ネタ