選手

小川諒也のプレースタイルは?スピード(足の速さ)もチェック!

更新日

小川 プレー 無題

小川諒也選手は、現在FC東京で、もっとも将来を期待されている選手のひとりです。

長友選手の足の速さと、無尽蔵のスタミナに、太田選手のキックの正確さをプラスした、左サイドバックに要求される能力を、全て備えた選手なのです。

流通経済大学付属柏高等学校の時代には、全国高校選手権でベスト4となり、U23日本代表にも選出されました。

小川諒也選手には、FC東京だけではなく、将来の日本代表としても、大きな期待が寄せられているのです。

そこで今回は、小川諒也選手のプレースタイルやスピード、足の速さなどを調べてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

小川諒也のサッカーのプレースタイルは?

小川 プレー GettyImages-513187114

FC東京に所属する小川諒也選手のプレースタイルですが、FC東京の公式サイトでの選手紹介として、以下が挙げられていました。

小川諒也のアピールポイント

高い身体能力を持つ、スピード・運動量を兼備した左サイドバック。

精度の高い左足からのキックでチャンスを作り、直接フリーキックでも存在感を示す選手。

このように小川諒也選手のプレースタイルの特徴としては、まずクロスでもプレースキックでも、正確無比のキックの精度を持つことです。

小川諒也選手本人も、このキックの精度には自信を持っているようで、ほぼ100%の確率で枠に飛ぶと言い切っています。

もう一つの特徴としては、小川諒也選手の抜群の身体能力をいかした、左サイドバックとしての攻め上がりのスピードとタイミングが優れていることです。

また攻撃参加だけでなく、守備面でも的確なカバーリングで、小川諒也選手がしばしばチームのピンチを事前に防いでいます。

さらには、子供の頃は、ゴールキーパー以外の全てのポジションを小川諒也選手がやっていたというユーティリティ性で、サイドバック以外にもセンターバックもできる選手です。

これらを一口で言うと、長友選手+太田選手+徳永選手というところでしょうか。

この小川諒也選手のプレースタイルが、よく現れていたのは、先日のACLでのビンズオン(ベトナム)戦です。

この試合は、FC東京のホームでの試合なのですが、駒野友一選手や、室屋成選手など、サイドバックの怪我人がFC東京に続出し、苦しい状態の中での試合となったのです。

そして、この試合で小川諒也選手はコーナーキックからの相手のオウンゴールと、おなじくコーナーキックを前田選手がヘッドで合わせるなど、2得点に絡む活躍で、3-1でFC東京が勝利したのです。

小川諒也選手は、J1第2節の仙台戦で、Jリーグ初の先発となりました。

その試合でも、フリーキックから得点の起点となり、FC東京の勝利に貢献したのです。

やはり小川諒也選手のキックの精度が高いから、このような成果が出るのですね。

チームにとって、精度の高いキッカーがいることは、得点源として大きなメリットがあります。

日本代表でいえば、かつての中村俊輔選手や、遠藤保仁選手がこれにあたりますが、このような選手がチームにいるといないとでは、チームとしての得点能力に大差が出ます。

女子サッカーのなでしこジャパンが、リオオリンピック最終予選で敗退した一つの原因は、宮間あや選手の不調によるものがあると言われています。

むろん、この敗退の原因は、宮間あや選手だけの問題ではなく、もっと根本的で大きな原因があるのですが、宮間選手のキックの精度が、ピーク時より相当に落ちていたこともたしかです。

J1第11節のFC東京対湘南戦では、小川諒也選手の流経柏の時代の恩師である、本田裕一郎監督が観戦したのですが、フル出場の小川諒也選手は、見事なパスを通して決勝点のお膳立てをしていましたね。

この試合での小川諒也選手のパスは、クロスを上げるとみせかけて、パスを通すという、離れ業をやってのけました。

これは最初からフェイントをかけようとしたわけではなく、クロスを上げようとしたら相手が寄ってきたので、クロスからパスに切り換えたというものだそうです。

クロスとパスでは、脚の予備動作も違いますし、よくそこまで瞬間的に切り換えられるものだと、関心してしまいますね。

流経柏の本田裕一郎監督も、この小川諒也選手の急速な進化には驚いていたそうですよ。

 

小川諒也のスピードと足の速さ!タイムはどのくらい?

小川 プレー 20160510-00015759-sdigestw-001-view

小川諒也選手は、よく『スピードがある』と言われますが、その足の速さは、実際のところ、どのくらいのものなのでしょうか。

通常、足の速さは、50m走や100m走のタイムで比較されますが、サッカーでの足の速さは、必ずしもこれらのタイムと比例するものではありません。

かつての中田英寿選手はタイムだけを見れば、決して良いタイムではないのですが、実際の試合を見ていると、非常に素早いという印象を受けました。

これは相手との駆け引きで、一瞬だけ抜け出す判断力と、瞬発力によるものではないかと筆者は想像していますが、本当のところはよくわかっていない部分でもあります。

それでは、参考までに小川諒也選手の50m走や、100m走のタイムが、どのくらいなのか調べてみましたが、残念ながら、小川諒也選手の50m走や100m走のタイムは、ネット上には見つかりませんでした。

小川諒也選手のように足の速さが、一つの売りの選手の計測タイムがない、というのは、ちょっと意外なところですね。

小川諒也選手のタイムが見つからないので、FC東京の他のサイドバック選手の印象で、比較してみました。

あくまで『印象』ですから、正確ではありません。

筆者として感じたところとして、こんなもの、と思っていただければありがたいです。

まず駒野選手と小川諒也選手の比較ですが、駒野選手は特別足が速いというタイプではないので、これは小川諒也選手の方が、一枚上でしょう。

では徳永選手とは?

徳永選手は、かなり足の速い方ですが、やはり小川諒也選手のほうが、やや速いのでは?という感じを受けます。

ならば、太田選手と比較しては?

太田選手はサイドバックとしては、足の速さよりキックの正確さがウリなので、これも小川諒也選手の方に分があるでしょう。

最後に長友選手との比較ですが、これはさすがに長友選手の方が、やや速いのではないでしょうか。

長友選手は、50m走5秒8、100m10秒8という驚異的な速さですので、いくら小川諒也選手でも、このスピードには、およばないかもしれません。

もっとも陸上競技で有名な為末大さんに言わせると、サッカー選手の50m走や100m走のタイムは、まったくあてにならないとのことです。

その理由は、陸上競技のタイムは、電動による自動計測、サッカーの場合はストップウォッチによる手動計測であり、これだけで0.1秒位の誤差は、簡単に出てしまうとのことでした。

とはいえ、50m5秒8の選手と、7秒台の選手では、当然5秒8の選手の方が圧倒的に速いでしょう。

それは、ただ映像などを見るだけでもわかる話です。

 

まとめ

今回は、小川諒也選手のプレースタイルや、足の速さのスピード、タイムなどを調査してきました。

小川諒也選手のプレースタイルは、長友選手と太田選手の良いとこ取りのようなもので、これだけでも『大変な選手が出てきたものだな』と驚くと共に感心してしまいます。

このまま良いところは伸ばし、悪いところは修正していけば、近い将来の日本代表の左サイドバックとして、小川諒也選手の大活躍も期待できますね。

ただ、性格的には、やや問題のある所もあるようなので、小川諒也選手には、そのあたりが心配なところです。

ワールドカップやオリンピックでの、小川諒也選手の活躍をぜひ見たいものと、期待しております!

小川諒也の記事はコチラもよく読まれています!

小川諒也の中学・高校の出身は?身長や体重などプロフィールも

小川諒也の年俸は?遅刻や交通事故の問題と彼女や両親もチェック

小川諒也(FC東京)はイケメン!ツイッターやインスタもチェック!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-選手