FC東京

FC東京2017年の移籍補強選手は誰?FWの得点力不足の解消が課題!

投稿日

Jリーグの2016年シーズンも大詰めを迎え、順位や降格の状況も、おおよそ見えてきました。

我らがFC東京は、"今年も"J1リーグの中位でシーズンを終わりそうで、

「変わり映えしないなあ・・・」

という、嘆きの声も聞こえてきそうです。

しかし、来たるべき2017年シーズンは、FC東京にもかなりの期待が持てそうな気配が、ただよってきました。

それは、

J1得点王の大久保嘉人選手

俊足フォワードの永井謙佑選手

の獲得が噂されているからです。

それだけではありません。

かつてFC東京で最高のキックの正確さを持つと言われていた、左サイドバックの太田宏介選手の呼び戻しの噂もあります。

他にも、優秀な選手の補強の話が出ています。

もし、これらの選手が全て加入するならば、FC東京とFC東京サポの長年の夢であるJ1優勝も、夢で終わらないかもしれません。

そこで今回は、FC東京2017年の移籍と補強について、どのような選手を獲得できそうかを調べてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

FC東京2017年の移籍補強をチェック!

FC東京の、来るべき2017年シーズンへの移籍や補強は、着々と進んでいるようです。

2016年シーズンで見えてきた弱点として、まず第一に上げられるのは、なんといっても

得点力不足

これは今シーズンに限らず、FC東京の泣き所なのですが、武藤選手が在籍中のときは、かなりの得点を上げていました。

つまり、1~2名の優秀な点取り屋がいれば、FC東京でもある程度の得点は期待できるということですね。

こうしてまず、移籍補強選手の有力候補として、川崎フロンターレの大久保嘉人選手の名前が挙がりました。

大久保嘉人選手は、3年連続リーグ得点王で、J1リーグ通算最多得点のタイトルホルダーでもあります。

続いて、俊足フォワードの名古屋グランパス所属、永井謙佑選手も、FC東京が狙う移籍補強の目玉選手の1人です。

永井謙佑選手は、50メートル5秒8(長友選手とほぼ同じ)という俊足の持ち主です。

2人とも日本代表の経験者であり、もし2人とも獲得できれば、FC東京の得点力不足には特効薬となるでしょう。

そして、もう1人の目玉は、かつてFC東京の左サイドバックとして在籍し、超一級のキックの正確さを持つ、太田宏介選手です。

元々FC東京の選手でもありますし、本人もFC東京への愛着の度合いは、非常に強いようです。

もし、太田宏介選手が復帰すれば、左に太田選手、右に室屋選手(または小川選手)という、日本最強クラスのサイドバック陣となります。

その他の選手では、若手ゴールキーパーの双璧といわれる、波多野豪選手と廣末陸選手が、昇格入団が内定しています。

いずれも、FC東京のユース出身の生え抜き選手です。

そしてゴールキーパーについては、もう一つビッグニュースがあります。

それは、かつてFC東京の正ゴールキーパーだった

権田選手の復帰

です。

ただし、これは完全に噂のレベルで、実現性がどの位あるのかは、まだ不明。

もし権田選手が復帰となりますと、秋元選手より明らかに実力は一枚上です。

そのため、入れ替わるかのように秋元選手の移籍も噂されています。

 

若手には、波多野選手と廣末選手がいて、2人共、未来の日本代表としても期待されています。

しかし、即戦力としては、まだまだ権田選手の方が遙かに上でしょう。

となると、2~3年は権田選手を正ゴールキーパーとして据え、若手の2人が成長してくれば、3人で競合させるというのが、FC東京首脳陣の考えなのでしょうか。

さらには、2017年1月1日までの期限で、名古屋グランパスに移籍中のハ・デソン選手の復帰も、かなり濃厚です。

しかし、名古屋グランパスでは、残留を強く希望していますので、これもまだ行方はわかりません。

加入ではなく、FC東京からの放出や移籍についても、現段階でもかなりの数の選手が噂の対象になっています。

その1人として、駒野友一選手の動向も気になるところです。

駒野友一選手は、現在アビスパ福岡に期限付き移籍中ですが、その期限は2017年1月31日です。

その後はFC東京に復帰するのか、それともいずれかのチームに完全移籍になるのか、このあたりも目が離せませんね。

ただし、もし太田宏介選手がFC東京に復帰した場合は、駒野友一選手の出番はほとんどなさそうです。

その辺りを駒野選手がどのように考えているのか知りたいところですね。

 

FC東京2017年の移籍補強選手は誰?

FC東京2017年の、期待の星は

4つ

輝いています。

FC東京2017年の移籍補強の目玉になりそうなのは、なんといっても川崎フロンターレ所属の大久保嘉人選手です。

Jリーグ史上初めての

『3年連続Jリーグ得点王』(2013年 - 2015年)

であり、

J1通算最多得点の記録保持者

でもあります。

つまり、

現時点でのJリーグ最強のフォワード

なのです。

大久保嘉人選手が話題にならないはずがありません。

では、その大久保嘉人選手とは、どんな選手なのか、もう少しご紹介していきます。

大久保嘉人

名前 大久保嘉人(おおくぼ よしと)

生年月日 1982年6月9日生まれ

出身 福岡県京都郡苅田町

出身校 国見高校(平山選手の先輩にあたります)

身長 170センチ

体重 73キロ

川崎フロンターレ所属

ポジション フォワード

背番号 13

利き足 右足

クラブ歴

2001-2006 セレッソ大阪

2005-2006 RCDマヨルカ (スぺイン・期限付き移籍)

2007-2009 ヴィッセル神戸

2009 ヴォルフスブルク(ドイツ)

2009-2012 ヴィッセル神戸

2013- 川崎フロンターレ

代表歴

2003-2014 日本代表

成績

2013年 - 2015年 J1リーグ得点王(史上初の3年連続得点王)

171点 J1通算最多得点記録保持者

このデータをご覧になればおわかりのように、大久保嘉人選手は現在の日本最強フォワードの1人です。

大久保嘉人選手のプレイスタイルは、

『なんでもできる』

というもので、フォワード以外にもサイドはもちろん、ボランチまでやったことがあるという、ポリバレントの代名詞のような選手なのです。

1試合平均の得点が4.6以上という驚異的なもので、2試合に1点は必ず獲得するという、勝負強くて頼りになるプレーヤーです。

続いて、永井謙佑選手のご紹介です。

永井謙佑

名前 永井謙佑(ながいけんすけ)

生年月日 1989年3月5日(27歳)

出身地 広島県福山市

身長 178センチ

体重 71キロ

名古屋グランパス所属

ポジション フォワード

背番号 11

利き足 右足

ユース歴

2004-2006 九州国際大学付属高校

2007-2010 福岡大学

クラブ歴

2009 アビスパ福岡

2010 ヴィッセル神戸

2011-2012 名古屋グランパス

2013-2014 スタンダール・リエージュ(ベルギー)

2013-2014 名古屋グランパス (期限付き移籍n)

2015- 名古屋グランパス

代表歴

2007-2009 日本U-20

2010-2012 日本 U-23

2010- 日本代表

永井謙佑選手の特徴として、これはもう『俊足』ということになります。

それも並の俊足ではありません。

50メートル走は5秒8

これは俊足の代名詞である長友選手と同じスピードなのです。

まず、ほとんどの選手は、永井謙佑選手のスピードで、ぶっちぎられますね。

そのため、スーパーサブとして起用されることが多く、試合の流れを変える役割を期待されます。

さらに続いて、いずれもFC東京OBの2人の選手ですが、既に別記事で書いていますので、ご紹介は簡略にとどめます。

まず、左サイドバックのスペシャリスト・太田宏介選手です。

太田宏介選手の特徴は、なんといっても

正確無比のキック

コーナーキックやフリーキックなどのプレースキックでも、流れの中のクロスでも、その正確度は往年の名選手

中村俊輔選手に匹敵する程の精度

を太田宏介選手は持っています。

現在のFC東京では、このクラスの精度を持つキッカーがいないため、フリーキックやコーナーキックからの得点は、それほど多くはありません。

武藤選手が在籍中は、

太田ー武藤

のホットラインで、得点を量産していたものです。

もし、大久保選手や永井選手が獲得できれば、そのホットラインが復活するということになりそうですね。

そして最後に、かつてはFC東京の守護神だった、元日本代表の権田修一選手です。

権田修一選手は、FC東京在籍中に、

オーバートレーニング症候群

を発症し、FC東京からオーストリアの2部リーグのSVホルンに、期限付き移籍となりました。

その移籍の期限は、

2016年12月31日まで

となっていますが、期限後にFC東京に復帰するのかどうかが、いま注目されています。

現在の正ゴールキーパーの秋元選手も、優秀なゴールキーパーではありますが、実力や経験は権田選手の方が、かなり上でしょう。

そのためか、秋元選手の移籍の噂も、すでにちらほらと聞かれています。

 

それでは、ここに挙げた4選手の中で、FC東京が獲得する可能性がもっとも高いのは、誰でしょうか。

筆者の想像(正しくは妄想)では、権田修一選手ではないかと思います。

もともと、期限付きとはいえ、移籍したのは本意ではないでしょうし、コンディションさえ戻れば、古巣のFC東京復帰というのは、十分にあり得る話です。

二番目は、永井謙佑選手。

三番目は、太田宏介選手の復帰

でしょうか。

残念ながら、大久保嘉人選手の獲得は、かなり難しそうと言わざるをえません。

その理由は、所属する川崎フロンターレが、この貴重な得点源を、そう簡単に手放すとは思えないからです。

ましてや、FC東京と川崎フロンターレは、多摩川クラシコで競い合う間柄です。

もし、大久保選手がFC東京所属となれば、ライバルに塩を送ることになります。

ただ、そうはいっても大久保嘉人選手は川崎フロンターレとは今季で契約が切れます。

つまり、

移籍金も発生しないし、移籍先も自由に選べる

わけです。

そのような点では、FC東京移籍も一応あり得ることではありますが、川崎は強く残留を望むでしょうし、はたしてどうなることでしょうか。

もし大久保嘉人選手のFC東京移籍が実現すれば、凄いことになります。

(以下の妄想は、他の3人も移籍できた場合の夢です(笑))

太田選手の必中のクロスが、走り込む永井選手にドンピシャで合い、大久保嘉人選手がゴール!

守っては、権田修一選手が素早い反応で、敵のシュートをことごとくブロック、正確なフィードを前線に送る、

というシーンを(夢ではなく!)見たいものですね。

 

まとめ

今回は、FC東京2017年の移籍と補強はどうなるのか、どのような選手を獲得できそうなのかを見てきました。

これには筆者の希望的観測(妄想ともいいます)が、多分に含まれています。

そのとおりに実現する可能性は、どのくらいあるのかは、わかりません。

とはいえ、もしここでご紹介した4人が揃って移籍してくれたら…という夢は、FC東京サポなら誰でも見るような夢ではないでしょうか。

その夢が正夢になりますように、サッカーの神さまにお願いしておきましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-FC東京