小ネタ

FC東京の試合をテレビで見る方法!もうスカパーでは見れない!

更新日

FC東京のファンである方は、当然FC東京のサッカーの試合をテレビで見たいと思うはずです。

しかし、現在の地上波放送では、J1・J2・海外の試合を問わず、サッカーの試合そのものがあまり放映されていません。

たまにNHKのBS1や東京MXテレビで放送される程度で、FC東京の試合は毎試合必ず見たいと思う方は、フラストレーションが溜まる一方でしょう。

現状、Jリーグの試合を毎回見るためには、

通常の地上波放送だけでは無理

なのです。

さらに、2017年1月からは、

スカパーによるJリーグ中継がなくなりました。

これは

JFAがスカパーとの契約を打ち切り、他の企業とJリーグ放映権に関する契約を結んだ

ためです。

その会社が

イギリスの動画配信大手パフォーム・グループ

その配信サービスが

DAZN(ダ・ゾーン)

なのです。

そこで今回は、そのDAZNの視聴方法や料金などをご紹介していきますね。

スポンサーリンク

アドセンス

FC東京の試合をテレビで見る方法

2016年までは、Jリーグの全試合を観るには、スカパーが常識でした。

しかし、JFAは2016年夏に英国のパフォーム・グループと、Jリーグ中継に関する契約を締結しました。

その内容は、2017年から2026年シーズンまでの10年間で、

約2100億円の放映権契約を支払う

というのです。

これは従来のスカパーとの契約料の10倍近い金額です。

そのためJFAの各種報償金の金額も、大幅増額となりました。

そのこと自体は大変喜ばしいことなのですが、問題はその契約により

スカパーからのJリーグ放映がなくなる

ということですね。

スカパーでは2017年度のJリーグの放映はない

ということになったようなのです。

こちらがスカパーからのお知らせ抜粋です。

2017年のスカパーからのお知らせ抜粋

スカパー!は2017年シーズン以降の放送権を獲得した会社と、これまでどおりスカパー!で放送できるように交渉を続けてまいりましたが、成立に至りませんでした。

(中略)

つきましては、Jリーグ戦の放送予定がないことに伴い、現在ご契約いただいている

「JリーグMAX」は、1月末をもって終了

とさせていただきます。

今までご契約いただきありがとうございました。

なお、お客様による「JリーグMAX」解約のお手続きは必要ございません。

(中略)

この10年間、皆様から叱咤激励をいただきながら、スカパー!はJリーグを放送してまいりました。

来季から、オフィシャルブロードキャスティングパートナーではなくなりますが、変わらないことは、皆様の来年にも『最高の週末が待っている』ことです。

スカパー!はこれからも、Jリーグが、そして日本のサッカーが、発展していくお手伝いをさせていただきたいと心から願っています。

これからもずっと、この国のサッカーとともに。

ご案内のまとめ

2017 J1/J2/J3リーグ戦の放送・配信の予定はございません

2017年1月31日で『JリーグMAX』は自動的に解約となります。

新たに『スカパー!サッカーセット』を2017年2月1日より販売開始いたします。

なお、2017年のスカパーとしては、

天皇杯は放映する

そうですよ。

というわけで、2017年からはスカパーから変わる、新しいサッカー(Jリーグ)を見る方法を見つけなければなりません。

それでは、スカパーに変わる新しいサービス、DAZNについて見ていきましょう。

 

FC東京の試合はDAZNで!視聴方法と料金はいくら?

2017年からは、

Jリーグの放映はDAZNのみ

となりました。

そこでDAZNをご紹介しましょう。

まずDAZNとは、どんな放映システムなのでしょうか。

このDAZNには、未だはっきりしない部分があり(単に周知されていないだけかもしれませんが)、それが混乱の元となっています。

ここでは現時点でわかっていることをご紹介していきます。

DAZNとはどんな放映システム?

現在までに判明しているのは、DAZNでは、2017年度のJリーグ放映として、以下の3種の配信方法が使われるようです。

DAZN(ダ・ゾーン)の配信方法

  1. ライブのストリーミング配信(要 パソコンまたはスマホなど)
  2. オンデマンド配信(要 パソコンまたはスマホなど)
  3. テレビによる放映・視聴(要 専用機器)

DAZN(ダ・ゾーン)ライブのストリーミング配信とは?

テレビの生中継と同じく、リアルタイムに試合の内容を流すそうです。

画質は余り良くない(カクカクが多いなど)という話も多いようですが、設定によっては高画質でテレビと遜色ない話もありました。

DAZN(ダ・ゾーン)ライブのオンデマンド配信とは?

こちらは、サーバーに置かれた試合のデータを見るということで、従来の録画放送ですね。

DAZN(ダ・ゾーン)ライブのテレビ放映とは?

テレビによる視聴は、

接続用の機器

が必要となります。

通常のテレビでは視聴ができません。

DAZNのアプリについては、スマホアプリもPCブラウザも、

使い勝手が悪い

という評価が大半です。

 

そして当然ですが、DAZNで視聴するためには、DAZNとの契約が必須です。

DAZN公式サイト

なお、1と2のストリーミングとオンデマンドについては、パソコンやスマホがあれば、特別な機器は不要です。

パソコンの場合はアプリも不要で、ネット環境さえあれば視聴可能なようです。

3のテレビによる視聴は、スマートテレビなどの例外を除いて、専用の機器が必要です。

以下はDAZN視聴のために必要なアプリ・機器の紹介していきます。

DAZN視聴に必要なソフトや機器

ストリーミングとオンデマンドに必要なソフト類 パソコンの場合

パソコンの場合、インターネットブラウザで視聴可能のようです。

推奨ブラウザ
  • Google Chrome(バージョン21以降)
  • Microsoft Internet Explorer(バージョン11)
  • Mozilla Firefox(バージョン30以降)
  • Apple Safari(バージョン6以降)

ストリーミングとオンデマンドに必要なソフト類 スマホの場合

ソフト以前に、使用可能なスマホの制限が、かなり厳しいです。

iOS 8.0以降のiPhone、iPod Touch、iPad

AppStoreのDAZNアプリ経由で視聴。

Android 5.0 Lolipop 以降のAndroid携帯およびタブレット機器

Google Playを利用可能であることが必須。

FireOS3以降のKindle Fireタブレット

Amazon AppStoreのDAZNアプリ経由で視聴。

DAZNアプリは、Amazonから無料ダウンロードできます。

DAZNによるテレビ視聴に必要な機器類

  • PS3やPS4などのインターネットに繋がるゲーム機
  • Amazon FireTV、Amazon Fire TV Stickなど
  • スマートテレビ

上記のいずれかが必要です。

 

Amazon FireTVの価格は、

ノーマル版5,000円程度

上位版11,000円程度

次に視聴のためのDAZNへ支払う料金です。

DAZNの視聴料金

DAZN 月額1,750円(税込み1890円 2017年3月までは1,500円)

DAZNの視聴料金は、スカパーの約半額程度でとても安いことがウリですね。

DAZNはスカパーより、かなり割安となっています。

しかし、ストリーミング系の配信では、画質についての評価はあまり良いものではありません。

高画質を期待するなら、スマートテレビなどが必要となるでしょう。

 

まとめ

上記のように、2017年からは、FC東京の試合をテレビで見る方法が大きく変わりました。

JFAとイギリスの動画配信大手パフォーム・グループとの間で、契約料2100億円という大型契約が決まり、2017年からはパフォーム・グループの

DAZN

という配信システムが使われることになりました。

これまでのスカパーからDAZNへ。

この10年間でも最大の変化ですね。

DAZNは契約料(視聴料)そのものはかなり安いのですが、サイトを見てもあまり懇切丁寧とはいえないところがあります。

また、DAZNのシステムはパソコンまたはスマホによる、ストリーミング系の配信が中心。

テレビで見るには高価なスマートテレビ(およそ20万円程度)や、専用機器(5千円から1万円程度)が必要なこともネックです。

このように2017年のFC東京の試合をテレビで見る方法が激変しました。

どのようなスタイルで試合を見るのか、よく考えた上で決めた方が良さそうです。

現在、パソコンをお持ちの方には、

とりあえず料金の安いストリーミング系で契約しておき、画質などに不満があれば、テレビによる視聴も考える

とすれば無駄が少ないかも。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-小ネタ