U-18

岡崎慎の身長とプレースタイルをチェック!経歴プロフィールも!

投稿日

岡崎慎 2

岡崎慎選手は2016年、FC東京で2種登録となり、2017年からはトップチームでの活躍が期待されているディフェンダーです。

ディフェンダーながら、攻撃のセンスもあり、岡崎慎選手はFC東京U-18と、J3のU-23を掛け持ちで奮闘しています。

身長は181センチと、センターバックとしては特別に大きい方ではありませんが、身体能力は高く、対人プレーでも強さを見せています。

今回は、期待のホープ・岡崎慎選手のプロフィールや経歴、それにプレースタイルとその評価などを調べてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

FC東京・岡崎慎のプロフィールと経歴をチェック!

岡崎慎 5

それではFC東京の岡崎慎選手とはどんな選手なのか?

彼のプロフィールから見ていきましょう。

岡崎慎のプロフィール

名前 岡崎慎 (おかざきまこと)
生年月日 1998年10月10日
出身地 東京都北区

身長 181センチ
体重 76キロ

所属 FC東京(FC東京U-18)
背番号 40(FC東京トップチーム U-18は6番 U-23では49番もあり)

ポジション ディフェンダー(センターバック)

出身チーム コアラSC-FC東京U-15深川-FC東京U-18

岡崎慎の代表歴

2013年 U-15日本代表候補

岡崎慎のアピールポイント

持ち前の身体能力を活かした守備が特徴。

攻撃面にもセンスありのディフェンダー。

岡崎慎選手は、今時の若者らしく、Twitterもしているようです。

岡崎慎選手のTwitterの一部をここでご紹介していきますね。

最近は、スポーツ選手もTwitterで自身のことを発信することが多くなっていますね。

サポーターと選手との距離が近づくことは良いのですが、それをいいことに試合でミスした人へ心ないリプライを送ったりする人もいて、心が痛むこともあります。

スポーツ選手のTwitter利用には、基本的にいいことはないようにも思うので、控えた方がいいのではないかと感じてしまいますね…。

また、余談ですが、岡崎慎と画像検索すると、岡崎慎司選手の画像が多数表示されます。

岡崎慎選手の顔をお間違えないように注意してくださいね。

"司"があるかないかだけで、漢字自体は全く同じなので、岡崎慎選手と岡崎慎司選手とでは、知名度的に圧倒的に負けてしまっているのでしょう。

 

FC東京・岡崎慎の身長とプレースタイル

岡崎慎 4

岡崎慎選手の身長は181センチなので、ディフェンダーとしては身長が特別に高い方ではありません。

ただ、身体能力はかなり高く、それが岡崎慎選手のサッカーの実力となっています。

岡崎慎選手のプレースタイルとしては、高い身体能力を活かした強い守備、攻撃センスのある意外性にとんだプレーと攻守両面を持ち合わせており、一風変わっています。

高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第10節で、鹿島アントラーズユースと対戦した時には、29分に岡崎慎選手が左サイドでボールを持ち、相手の裏に抜けだした佐藤亮選手にふわりと浮かせたスルーパスを通したのです。

佐藤亮選手は、このパスが来ることはわかっていたそうで、これを確実にゴールしました。

このようなスルーパスをディフェンダーの選手が送ることは、あまり見られないことですね。

また、後にJ3のFC東京U-23の試合に出場した時には、ディフェンスラインの上げ下げに当初は驚いたそうです。

ユースでは、このディフェンスライン上げ下げは、あまり気にしていなかったとのことで、1メートル単位で細かくラインを修正するJ3のやり方には戸惑ったみたいですね。

やはりユースと、J3では戦術も大きく変わってくるということでしょうか。

しかし、対応能力に長けた岡崎慎選手はすぐそれにも慣れ、ユースに戻ってもそのプレーを他のメンバーに伝えることができたのです。

日本クラブユース選手権では、7試合中5試合で岡崎慎選手が先発フル出場しました。

決勝戦の清水ユース戦では、45分にフォワードのW半谷陽介選手に、絶妙のパスを送ってゴールをアシストするなど、ここでも攻撃面でのセンスの良さを見せています。

この試合では、J3で覚えたラインの上げ下げで対応し、清水の攻撃を封じたことも見事です。

このように、会得したプレーをすぐ実戦で出せるという才能は、ありそうで中々ないものですから、それができる岡崎慎選手は貴重な存在と言えそうですね。

 

FC東京・岡崎慎の評価や出身中学高校をチェック!

岡崎慎

岡崎慎選手の選手としての評価についても調べてみました。

岡崎慎選手の評価ですが、やはり守備での献身と、攻撃面でのパスやフィードの正確さに対する高評価が多かったですね。

国体少年男子決勝の東京都×大阪府戦では、岡崎慎選手はパスミスで相手にボールを渡してしまったのですが、その直後のシュートに対しては、ゴールのカバーに入った岡崎慎選手がクリアしています。

その後も相手の強力なシュートには、ダイビングで防ぐなど、自分のミスは自分で取り返すという執念のプレーには、賞賛が集まっていました。

自分で招いたミスを取り返すという気持ちもプレーにはとても大切なことです。

それを1試合のうちに取り返してしまうのですから、将来、大物としても期待できそうですね。

なお、岡崎慎選手の出身中学・高校については、ここまでに情報がありませんでした。

やはり、本格的に名が知られるようになるのは、2017年以降になりそうなので、現在ではそれほど岡崎慎選手の情報が出回っていないのでしょう。

もっと有名になると、岡崎慎選手の情報もたくさん出てくるようになるかもしれませんので、その時にまた追記していくつもりです。

 

まとめ

今回は、FC東京U-18(U-23)のセンターバック岡崎慎選手のプロフィールや経歴、それにプレースタイルや身長と評価を見てきました。

岡崎慎選手は、2016年にFC東京で2種登録となりましたので、来年はトップチームでの出場があるかもしれません。

身体能力の高さと攻撃にもセンスがあるなど、森重選手に少し似たタイプですね。

しかし、FC東京のセンターバックは、森重選手をはじめ、吉本選手や丸山選手、橋本選手など非常に強力なメンツが揃っていますし、これらの選手の間に、いくら期待の岡崎慎選手が割って入るのは、並大抵のことではありません。

岡崎慎選手には、まずはトップチームでの出場の機会を増やして、レギュラーに定着できるような活躍を見せてほしいですね。

岡崎慎選手の今後の活躍に期待しています!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-U-18