選手

山田将之(FC東京)の身長と出身高校を紹介!経歴プロフィールは?

更新日

山田 5

2016年6月16日にFC東京公式サイトで、

法政大学在学中の山田将之選手の来季新加入を内定

というニュースが発表されました。

大学在学中の選手が、J1チームに加入するというのは、これが初めてのことではありませんが、そうしばしばある出来事でもありません。

山田将之選手は、186センチの長身と屈強な身体能力を持つ大学サッカー屈指のディフェンダー。

FC東京以外のJ1チームも、以前から山田将之選手の獲得を狙っていたようです。

この山田将之選手は、2016年にJFA・Jリーグ特別指定選手(FC東京)という肩書になっています。

かつての長友選手や室屋選手同様に、近い将来FC東京の主力選手となることが期待されています。

そこで今回は、山田将之選手のプロフィールや、出身の中学や高校などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

FC東京・山田将之の経歴プロフィールをチェック!

山田 1

山田将之選手は2016年3月。

FC東京の特別指定選手として指定され、指定直後の3月20日には、FC東京U-23のJ3リーグで対琉球戦でJリーグ初出場となりました。

さらに2016年6月16日には、2017年にはFC東京加入の内定が発表されたのです。

以下にその時の山田将之選手のコメントをご紹介します。

FC東京に加入する山田将之のコメント

来季からFC東京に正式に加入させていただくことになりました。

プロサッカー選手になることは幼い頃からの夢でしたので、心からうれしく思っています。

また、いつも私を支えてくれている家族や指導者の方々、そしてチームメイトや私に携わってくださった多くの方々には、言葉では表現できないほど深く感謝しています。

しかし、ここが私のゴールではありません。

ここが新たなスタートという気持ちを持ち、これからも常に努力していきたいと思っています。

FC東京の一員という高い意識を持って、今後の大学生活も頑張りますので、これからも応援をよろしくお願いします。

それでは、山田将之選手とは、どんな選手なのか、次に彼の経歴プロフィールを見てみましょう。

山田将之の経歴プロフィール

名前 山田将之 (やまだ まさゆき)
生年月日 1994年10月1日(21歳)
出身地 埼玉県
高校 青森山田高校卒業
大学 法政大学経済学部在学中

身長 186センチ
体重 75キロ
血液型 A型

在籍チーム 法政大学体育会サッカー部
ポジション ディフェンダー
背番号 2
利き足 右足

山田将之の学歴とプロ歴

2010-2012年 青森山田高校
2012年 全国高等学校総合体育大会 優秀選手
2012年 全国高等学校サッカー選手権大会 優秀選手
2013- 法政大学
2015年 全日本大学選抜
2016年 JFA・Jリーグ特別指定選手(FC東京)
2016- FC東京

Jリーグ初出場 2016年3月20日 FC東京U-23 J3第2節対琉球戦
J1リーグ 現在の所は未出場

山田将之選手の生まれは埼玉県。

中学時代には『Forza’02』という東京のクラブに所属

していました。

山田将之選手の出身高校は、青森県の青森山田高校。

この青森山田高校での同期の選手には、後にFC東京に加入した室屋成選手がいます。

2012年度の全国高校選手権では、1回戦で優勝候補だった野洲高校と激突する展開に。

90分の試合で1‐1のスコアとなり善戦し、さらに延長戦に入り、優勝候補であった野洲高校を4‐2で勝利!

そして、山田将之選手の所属する青森山田高校は、ベスト16まで進出しました。

その時には、室屋成選手共々、山田将之選手も優秀選手に選出されました。

優秀選手で構成された日本の高校選抜にも参加して、デュッセルドルフ国際ユース大会では初優勝も経験しています。

2013年には、法政大学経済学部に進学し、もちろんサッカー部に入部。

法政大学サッカー部では、本来のセンターバックの他に右サイドバックも経験するなど、山田将之選手のプレーの幅が広がる、良い経験の場だったのではないでしょうか。

山田将之選手は、その後も順調に成長をし、冒頭でもお話したとおり、2016年3月には、FC東京の特別指定選手に指定され、初のJリーグ出場を果たしています。

山田将之選手のプレースタイルとしては、

身長186センチの長身と抜群の身体能力を生かした、空中戦や対人プレーの強さ

です。

身長が、ただ長身だけでなく、ジャンプ力も非常にありますので、山田将之選手の高い打点によるヘディングの強さは、際立っています。

状況判断能力も良いため、

的確なカバーリングでピンチを防ぎ、正確なフィードで前線に配球

することもできます。

なお、山田将之選手は、まだJ1ではプレーしていないことからか、情報も少ない状態です。

色々と調べたのですが、中学時代やプレースタイル、評価・評判などについては、ほとんど見つかっていません。

 

山田将之の出身高校・青森山田高校をチェック!

山田 6

山田将之選手の出身高校は、地元の埼玉ではなく青森県の青森山田高校です。

青森山田高校は、青森県青森市にある中高一貫制の私立高等学校

スポーツの部活動が盛んで、サッカーをはじめ、卓球、硬式野球、バドミントン、自転車、柔道など、いずれも強豪校として、全国に知られていますね。

とくにサッカー部は、全国高等学校サッカー選手権大会や全国高等学校総体で、毎年のように上位に進出するなど、

全国でも屈指の強豪校

として知られています。

青森山田高校は、

青森県内では270連勝

するなど、県内では完全に無敵状態と言っても良いでしょう。

青森山田高校の特徴としては、外国人留学生の受け入れに積極的なことです。

ジュニーニョ選手や盛礼良レオナルド選手などが、在籍していました。

青森山田高校の概要

設立年月日 1918年
創立者 山田きみ

過去の名称 山田裁縫教授所
設置者 学校法人青森山田学園
校訓 誠実・勤勉・純潔・明朗

共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型

青森山田高校の設置学科

全日制課程 普通科(特進コース 吹奏楽・美術・演劇コース 教養コース スポーツコース)
自動車科
情報処理科
建築デザイン科
調理科

以上をみると、青森山田高校は、随分とさまざまなコースや学科があることがわかりますね。

特色のひとつなのでしょう。

次に、青森山田高校のサッカー部の主な卒業生の一覧です。

青森山田高校の卒業生の一覧抜粋(サッカー限定)
選手名 卒業年度 出身
ジュニーニョ 2000 ブラジル
ヘジーニョ 2002 ブラジル
レオナルド 2004 ブラジル
櫛引政敏 2010 青森県青森市 (オリンピック代表)
柴崎岳 2010 青森県上北郡野辺地町 (日本代表)
山田将之 2012 埼玉県 (FC東京)
室屋成 2012 大阪府泉南郡熊取町 (FC東京)
常田克人 2015 埼玉県
神谷優太 2015 山形県山形市

青森山田高校の卒業生だけで、日本代表やオリンピック代表など、そうそうたるメンバーが揃っています

卒業生だけで完全に1チームが構成できそうなくらいですね。

 

FC東京・山田将之の記者会見とインタビュー

それではFC東京入団内定後に行われた法政大学での山田将之選手のインタビューと記者会見を見てみましょう。

まず、こちらは法政大学の多摩キャンパスで行われた山田将之選手へのインタビューです。

このインタビューでは、山田将之選手は

「日の丸を背負う選手になりたい」

と、日本代表への意欲を語っています。

山田将之選手のインタビューより

「話が来た時には、正直びっくりしました。

FC東京には日本代表の選手もいて、レベルの高いチームですので、すこし迷いはありました。

でも、勝負するからにはレベルの高いところでやって、自分も日の丸を背負う選手になりたいと思っていましたので、びっくりしたのと同時に、嬉しい気持ちもありましたね。」

山田将之選手のFC東京入団の経緯については、春のFC東京の宮崎キャンプに参加した際に、そこである程度自分の特徴をアピールできたことと、その後の練習にも呼ばれたりしたことが、大きなきっかけでした。

また、FC東京の方も、山田将之選手の大学での試合もずっと注視していたようで、最終的に入団のオファーとなったのです。

山田将之選手のFC東京への印象としては、有名選手が多く、小さい頃からJリーグで活躍していた選手ばかりで『プレーのレベルは高い』と思ったそうです。

山田将之選手自身が、FC東京のレベルについていけるのか、不安に感じたこともあったようです。

また、J3に出場しての感想は、やはり想像以上にレベルは高く感じたようです。

J3出場の山田将之選手の感想

各チームにレベルが高い選手が多く、一瞬の判断の間違いや判断の遅れで失点してしまうことがありました。

でもその点は良い経験になりましたし、自分の特徴をしっかり出して行ければ、チームにももっと貢献できると思います。

FC東京のディフェンダーには、青森山田高校時代の同級生である室屋選手も在籍していますが、山田将之選手とは、

仲があまり良くない

という噂がありました。

しかし、山田将之選手の言葉では、

「高校の時からしょっちゅう一緒に行動してたので、仲は悪くないと思っています。

一緒に食事したりもしますし。」

とのことでした。

次に最近の記者会見からです。

これも法政大学によるもので、この記者会見には山田将之選手と、ベガルタ仙台に内定した永戸勝也選手が出席しました。

山田将之選手は、既に2種登録選手として、FC東京のU-23でJ3リーグに7試合出場しています。

それらの試合では、186センチの大型ディフェンダーとして、対人プレーでの強さを発揮し、活躍しています。

そして山田将之選手は、この記者会見でFC東京入団の抱負を語っているのです。

J3山田将之選手の記者会見での抱負

「僕の今までのサッカー人生を振り返りますと、いつも下からのスタートでした。

周囲に高いレベルの選手がいたからこそ、成長することができたのだと思っています。

そのレベルは、簡単に超えられるようなレベルではありませんが、それだからこそこの先も、チャレンジしていきたいと思っています。

今後は、僕も日の丸を背負ってのプレーをしたいと思っています。

もし、森重さん丸山さんの、二人を越えることができれば、

その希望はかなえられると思っています。」

これはまた、強気の発言ですね。

現時点での日本代表レギュラーの二人を越える、というのは、並大抵のことではできません。

しかし、決める目標が低ければ到達地点も自ずと低くなるでしょう。

高い目標があれば、そこに到達するまでの努力は大変ですが、到達した地点はより高くなります。

それだけに山田将之選手のJ1登場が楽しみですね!

 

まとめ

山田将之選手は高校時代から大型センターバックとして注目されていて、大学進学後にも、法政大学サッカー部の中心選手として活躍しています。

今回は、山田将之選手の経歴プロフィールや、出身校の青森山田高校のことなどを調べてみました。

山田将之選手は現在、大学サッカー部員として活躍しながら、FC東京のJFA・Jリーグ特別指定選手として、J3に出場し、2017年からはトップチームに加入することが内定しています。

2017年には、FC東京で山田将之選手が、どのようなプレーをしていくのか、大いに楽しみにしましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-選手