選手

東慶悟(FC東京)のプレースタイルと評価!さかなクンの理由とは?

投稿日

東 6

FC東京の東慶悟選手の評価は、このところ大いに上がってきているようです。

真面目で献身的な性格と、ミッドフィルダーのほとんどのポジションをこなせるポリバレント性に加えて、思い切りのよさなども評価されているからでしょう。

元日本代表監督のザッケローニさんや、現監督のハリルホジッチ監督も、東慶悟選手を高く評価しています。

そこで今回は、東慶悟選手のプレースタイルとポジションの紹介とその評価、さらにはチャントや、『さかなクン』と呼ばれる理由も調べてみました。

スポンサーリンク

アドセンス

FC東京・東慶悟のプレースタイルとポジションは?

東 14

まず、東慶悟選手のポジションから見てみましょう。

東慶悟選手はポリバレントな選手ですので、随分と色々なポジションを経験してきました。

ボランチやトップ下、サイドハーフなど、ミッドフィルダーのほとんどのポジションに加えて、フォワードとしても活躍しています。

とはいえ、現在最も得意で、かつ多用されるポジションは、いわゆるシャドーストライカー的な、フォワードとミッドフィルダーを兼ねたようなポジションです。

要するに、フォワードのすぐ下に位置し、時には最前線に飛び出してシュートを狙う、という役割ですね。

前に出るのは東慶悟選手自身も大好きなようなので、このポジションが一番性に合っているのかもしれません。

実際に、東慶悟選手のプレースタイルも、それに適したものとなっています。

日本代表でのトップ下は、主に本田圭佑選手ですが、東慶悟選手も本田圭佑選手に近いプレースタイルなのです。

接近戦でのボール争いでも、本田圭佑選手ほどではないにしても、東慶悟選手はボールの置きどころがよいので、簡単には取られません。

そのため、トップ下の位置で相手と競り合いながらパスを受けることができます。

これができる選手は、案外日本には少ないのです。

つまり東慶悟選手は『ミニ本田』というところでしょうか。

東慶悟選手自身も、

「前に出ていることについては、すごくやりやすいです。元々やっていたことなので、プレーしていても、すごくやりがいがあります」

と言っていました。

このように、得点ができるトップ下の役目と、他の選手を生かせるプレーができるフォワードとしての役目を両方とも果たせるプレースタイルは、FC東京はもちろんのこと、Jリーグを見渡しても数少ない貴重な選手だと思います。

そして、東慶悟選手自身もこの役目には、大いに乗り気なようです。

東慶悟選手も自身に適した役目、プレースタイルであると感じているからでしょう。

 

FC東京・東慶悟の評価をチェック!

東慶悟選手の評価が高まったのは、やはりU21のアジア大会の時でしょう。

この大会では、日本が優勝したのですが、東慶悟選手はエースナンバーの10番をつけて奮闘しました。

この大会では、東慶悟選手以外にも、清武弘嗣選手や山口蛍選手、酒井宏樹選手に宇佐美貴史選手、酒井高徳選手など、後の日本代表の主力となる、そうそうたるメンバーが顔を揃えていました。

オーバーエージ枠でも、権田修一選手や、徳永悠平選手、吉田麻也選手など、お馴染みの面々が出場しています。

その時の各選手の評価点も、ご紹介しようと思います。

一部、筆者の実感とは異なる所がありますが、そのまま記載しておきます。

2010年アジア大会での評価点(敬称略)

1 18.5 清武弘嗣

2 17.5 山口螢

3 17.3 酒井宏樹

4 17  杉本健勇

5 16.8 宇佐美貴史

6 16.7 吉田麻也

7 16.5 酒井高徳

8 15.5 東慶悟

9 15  徳永悠平

10 15  永井謙佑

11 14.3 大津祐樹

12 14  安藤駿介

13 14  齋藤学

14 13.7 扇原貴宏

15 13  山村和也

16 13  鈴木大輔

17 12.2 権田修一

18 11.5 村松大輔

この大会以外でも、東慶悟選手への評価は比較的高いようですよ。

「きらめく才能は感じなかったが、知性やガムシャラさを伸ばして良い選手になって欲しいと思います」

「一番良い所は、チームのために遮二無二にボールを追いかけて、得点につなげるようとする意識」

「スペクタクルなゴールだった」

(2015年のFC東京対浦和レッズ戦での、東慶悟選手のゴールに対しての、ハリルホジッチ監督の言葉)

FC東京・東慶悟のチャントをチェック!

以下に載せたものが、FC東京での東慶悟選手のチャントです。

FC東京・東慶悟のチャント

ヒガシ ヒガシ ヒガシ
オ- ヒガシ ケイゴ  オ- ヒガ-シ ケイゴ  オ- ヒガ-シ ケイゴ

東慶悟選手のチャント曲は、『Seven Nation Army』です。

この曲は、アメリカのロックバンド、『ザ・ホワイト・ストライプス』が2003年に発表したもので、『レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏』に挿入されたことで有名になりました。

この『レフェリー』は、珍しくもサッカーのレフェリーをテーマにしたドキュメンタリー映画です。

イングランドでは、かなり前から『Seven Nation Army』は、サッカーのサポーターの間で歌われていたようですよ。

 

FC東京・東慶悟が"さかなクン"と呼ばれる理由とは?

 

東 5

東慶悟選手は、時に『さかなクン』と呼ばれます。

では、東慶悟選手がさかなクンと呼ばれる理由はなぜでしょうか?

その理由ですが、2013年のオフシーズンに『FC東京フェスティバル2013』というイベントが、東京競馬場で開催されました。

その際には東慶悟選手もトークショーに参加したのですが、大分時代からの先輩である森重選手が、

「キミ、さかなクンでしょ?」

と言って、満場の笑いを取りました。

それ以来、東慶悟選手は『さかなクン』と呼ばれるようになったのです。

ちなみに、こちらがさかなクンさんの写真です。

さかなクン

もっとも、東慶悟選手は、

「自分でも『似てるな』って思うときはあります。でも、けいごと呼ばれたいです。 さかなクンよりは…」

と言っていました。

このさかなクン問題に対しての、ネットでの意見です。

「東には悪いけど、さかなクンさんの方がイケメンだな」

「さかなクン底モノバージョンって感じだ」

「海無し県から海有り県に移籍した理由が、これで分かったよ」

「浦和戦で得点した時に、実況スレで魚雷被弾とか言われてたな」

「ギョギョッ!この選手マグロンですね~」

「さかなさかさかな-さかなを食べると-でチャント作ろうぜ」

「さかなクンというより、メイク途中のオカマみたいだ」

さんざんな言われようですね(笑)

 

まとめ

今回は、FC東京の東慶悟選手のプレースタイルとポジションを中心に見てきました。

トップ下やサイドからの果敢な飛び出しと、そこから意欲的にシュートを狙う東慶悟選手の姿勢は、大いに評価できますね。

プレースタイルとポジション以外にも、東慶悟選手にはチャントの話や、さかなクンと呼ばれる理由など、話題性も豊富です。

2016年のFC東京自体は、セカンドシーズンも不調で、あまり芳しくないスタートとなったのですが、ムリキ選手やネイサン・バーンズ選手は好調なので、これに東慶悟選手がうまく絡めば、この先はまた状況が変わってくるかもしれません。

『ミニ本田』というのは、筆者が勝手に作った呼称ですが、東慶悟選手が将来は『スーパー本田』と呼ばれるような存在になることを、期待しています!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-選手