FC東京

FC東京U23の2017年のチケットやユニフォーム入手方法をチェック

更新日

FC東京のU23チームは、2016年に創設されたばかりの生まれたてのチームです。

U23の前身は、U-22チームなのですが、J3に加入することにより、レギュレーションも変わって、トップチームの選手がオーバーエージ枠(4名)の範囲内であれば、自由に出場できるようになりました。

このレギュレーションにより、2016年にはムリキ選手のような実力者や人気選手が、J3に登場したりもします。

そういった背景もあり、最近はJ3でのU23チームにも関心が持たれるようになりつつあります。

そこで今回は、2017年のFC東京U23のチケット入手方法、そしてユニフォームの紹介と、その価格や入手方法などをご紹介することにしました。

スポンサーリンク

アドセンス

FC東京U23の試合のチケット入手方法は?

FC東京U23のチケット情報について、ご紹介していきます。

FC東京U23の試合のチケット入手方法ですが、

  • FC東京の公式サイト
  • 各チケット販売店

からの購入となります。

FC東京公式チケットサイト

FC東京公式チケットサイト

ローソンチケットサイト

ローソンチケットサイト

チケットぴあ

チケットぴあ

セブンイレブンチケットサイト

セブンイレブンチケットサイト

チケット料金一覧も紹介しますが、やはりと言うべきか、J1の価格と比べておよそ半額以下と、

サッカーのチケットとしては格安

ですね。

次に、各会場の席割り図もチェックしておきます。

味の素フィールド西が丘

U-23 会場 1

夢の島競技場

U-23 会場 2

駒沢陸上競技場

U-23 会場 3 

J3の試合ではトップチームと違って、観戦チケットは容易に入手できるようです。

しかし、

久保建英(くぼたけふさ)選手

などの人気選手が出場する試合であれば、かなり前からチケットを押さえておくべきでしょう。

 

FC東京U23のユニフォームをチェック!

FC東京U23のユニフォームのメーカーは、トップチームと同じく

『Umbro

となっています。

今回の2017年の新ユニフォームは、2016年のユニフォームとは、かなりの相違があります。

一番大きな違いは、おなじ『青赤』が基調になっていますが、ホーム・アウェー共に、青赤が横縞で入ったことです。

こちらが2017年のホーム用ユニフォームです。

比較材料として、2016年のホーム用ユニフォームです。

それぞれのユニフォームを見て分かる通り、かなりの相違がありますよね。

デザイン的には、2016年のユニフォームはおとなしすぎる感じがありましたので、2017年の横縞青赤は新鮮でよい感じです。

続いて2017年のアウェー用のユニフォームです。


比較材料として2016年のアウェー用のユニフォームです。

U-23 アウェイ

こちらも横縞が基調で、白に近い薄いグレーに濃いグレーの横縞がシックです。

ホーム・アウェー共に、2016年のユニフォームより洗礼された気のきいたデザインで、筆者は大いに気に入りましたが、いかがでしょう?

 

次に、ゴールキーパー用のユニフォームを紹介します。

上の画像がホーム用、下の画像がアウェー用です。

ゴールキーパーのユニフォームはいずれも単色で、鮮烈な黄色と赤が印象的ですね。

これまたよい感じです。


なお、2016年よりスポンサーが

三井物産

となったことで、胸にはそのロゴが入っています。

また、袖には

株式会社OSSO JAPAN

ショーツには

東京ガス株式会社

と、それぞれのスポンサーのロゴが入っています。

なお、株式会社OSSO JAPANとは、ミラノの著名な時計ブランドです。

これらのユニフォームの販売についてですが、2017年2月1日現在では、価格や販売方法など全て未定です。

推測ですが、価格も販売方法も、2016年と大差はないと思われますので、以下に2016年のデータを再録しておきますので、参考にしてみてくださいね。

以下は2016年を参考として再録

このユニフォームのオーセンティックユニフォーム、あるいはレプリカユニフォームの入手方法もご紹介しますね。

なお、オーセンティックユニフォームとは、

選手が使用しているものと同じ仕様・素材・デザインのユニフォーム

レプリカユニフォームとは、

デザインは、ほぼ選手使用品と同じ

(完全に同じとは限りません)

しかし縫製や素材が異なります。

価格は、オーセンティックの方が、レプリカよりかなり高く設定されています。

一方で、着心地や耐久性はレプリカのユニフォームが良いです。

オーセンティックのメリットとは、

選手が使用しているものと同一

という所につきるでしょう。

これらのオーセンティック・レプリカユニフォームは、以下のオフィシャル店舗の店頭またはインターネット上のサイトから購入できます。

オフィシャルショップ4店舗と、オンラインショップは、以下の通りです。

  • ユーロスポーツ味の素スタジアム店
  • GALLERY2新宿店
  • GALLERY2渋谷店
  • ABC-MART池袋店
  • FC東京オフィシャルオンラインショップ(ユーロスポーツ)

ユーロスポーツ味の素スタジアム店

ユーロ

電話番号

042-440-3220

アクセス

京王線『飛田給駅』北口より徒歩約5分

営業時間

火-土 11:00~19:00(ナイトゲーム開催日 11:00-試合終了後1時間)

日祝日 10:00-19:00(ナイトゲーム開催日 10:00~試合終了後1時間)

定休日 毎週月曜日 試合開催日および祝日の場合は翌火曜日がお休みとなります。

FC東京オフィシャルオンラインショップ(ユーロスポーツ)

ABC-MART池袋店

abc 

電話番号

03-5957-0634

アクセス

JR『池袋駅』東口より徒歩約5分

営業時間

平日(月~金) 12:00-21:00

土・日・祝日 11:00-21:00(年中無休)

ABC-MARTオンラインショップ

GALLERY2 新宿

GALLERY・2-新宿店

電話番号

03-3354-2192

アクセス

JR『新宿駅』東口より徒歩約5分

営業時間

11:00-21:00

GALLERY2オンラインショップ

GALLERY2 渋谷

ギャラ渋谷

電話番号

03-5728-3882

アクセス

JR『渋谷駅』ハチ公口より徒歩約7分

営業時間

11:00-21:00(不定休)

GALLERY2オンラインショップ

最後に、ユニフォームの価格ですが、各店共通で、

オーセンティックユニフォーム:14,040円(税込)

となっています。

レプリカユニフォームは、

現在は発売されていないようです

トップチーム用のレプリカユニフォームは、現在でも発売されています。

しかし、U23用のレプリカユニフォームが発売していないのは、やはり需要が少ないということなのでしょうね。

売上の芳しくなさそうなユニフォームを作っても、ただ赤字になってしまうだけなので、仕方ないと言えば、仕方がないのかもしれません…。

はたしてFC東京U23用のレプリカユニフォームについては、2017年中に発売されるのか、そのあたりも不明です。

 

まとめ

今回は、2017年のFC東京U23のチケット入手方法、ユニフォーム情報をご紹介しました。

J3にトップチーム傘下のU23チームが出場できるようになったのは、2016年からです。

また、J3でのレギュレーションにより、ムリキ選手や中島翔哉選手のような実力者や人気選手が、J3に登場することになりました。

2016年にムリキ選手がJ3の試合に出場した際は、J3にとっても、かなり大きな影響があり、サッカー界全体の大ニュースでしたね。

また、2016年からは次代のホープ、日本のメッシとして大注目の

久保建英(くぼたけふさ)選手

もJ3に出場するようになり、これまた大きな話題となっています。

これまで、ほとんど注目されなかったJ3のチケットやユニフォームについても知っておきたい、という方もいるかもしれません。

当記事が、そのような方のためのガイドになれば、筆者としても大変嬉しく思います!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-FC東京