選手

橋本拳人(FC東京)のポジションとプレースタイル!その評価は?

更新日

FC東京の橋本拳人選手は、センターバック・サイドバック・サイドハーフ・ボランチと、実に様々なポジションをこなす、ポリバレントな選手です。

橋本拳人選手のように、守備的ポジションなら、ほとんどあらゆるポジションができるという選手も、珍しいでしょう。

あまりにも色々なポジションができるので、橋本拳人選手が器用貧乏にならないのか、と心配になるくらいなのです。

そんな橋本拳人選手のプレースタイルも、対人戦の強さや、縦への飛び出し、強烈なミドルシュートなど多彩なものがあります。

そこで今回は、橋本拳人選手のプレースタイルやポジション、そして周囲からの評価などを見てみることにしました。

スポンサーリンク

アドセンス

FC東京・橋本拳人のプレースタイルをチェック!

橋本拳人選手のプレースタイルの特徴としては、3つほど挙げられます。

  1. 対人戦での強さとボール奪取能力
  2. 縦への飛び出しの速さとタイミングとよさ
  3. 守備的ポジションの殆どができるという、ポリバレント性

1に挙げた橋本拳人選手の対人戦での強さと、ボール奪取能力では、ヘディングの争いにも強いし、相手からボールを奪うこともできます。

そして、その対人戦の強さの割には、比較的ですが、反則が少ないのです。

ただ、この対人戦での強さと、ボール奪取能力に関しては、FC東京には米本拓司選手というスペシャリストがいます。

確かに橋本拳人選手も対人戦が強いのですが、米本拓司選手と比較するとなると、現時点ではやはり米本拓司選手の方が1枚も2枚も上手です。

現在のFC東京での守備的ミッドフィルダーの組合わせは、米本拓司選手+高橋選手が最良と思われますし、また実際の試合でもその組合わせが多くなっています。

ここに割って入るには、橋本拳人選手も相当頑張らないと困難でしょう。

2の縦への飛び出しの速さとタイミングと良さも、橋本拳人選手の定評のあるところですが、パスやクロスのタイミングと正確さは、まだ物足りないところがあります。

FC東京には、サイドバックとして室屋選手や小川選手がいるだけに、これまたレギュラーに定着するための割り込みは中々難しそうです。

3の守備的ポジションのほとんどを橋本拳人選手がこなせる、という高いポリバレント性ですが、これ自体は素晴らしいことだと思います。

監督からみれば、橋本拳人選手は、非常に使いやすいありがたい選手と言えます。

ただ、

『なんでもできる』ということの裏には、『どれも最高とは言えない』

というマイナス面もあります。

センターバックとしての強さには、問題は無いのですが、前線へのフィードに関してはFC東京には、森重選手や丸山選手という名手がいます。

サイドバックについても前述のような状態ですし、ボランチとしては、戦局の判断や危機察知能力などに若干の問題点が残っています。

この点では、戦局判断や戦術分析に優れた、ハ・デソン選手という韓国代表選手もいますし、橋本拳人選手のボランチとしての定着は難しそうです。

橋本拳人選手のもう1つの難点は、試合ごとの出来不出来の差が大きいことです。

良い時は非常に良いが、悪い時にはどうしようもないという不安定さは、起用する方としては安心できません。

このあたりが、橋本拳人選手が器用貧乏が心配と言われる所以です。

とはいえ、橋本拳人選手は、まだ弱冠22歳という若さですし、しかも、人の話にはよく耳を傾けるという性格も良さも、今後の伸びシロが期待できるポイント。

そのため、ここまで挙げてきた問題点の修正は、努力次第では、それほど困難ではないかもしれません。

橋本拳人選手の夢は、

『五輪に出て、フル代表に入る』

ことだそうですが、できるだけ多くの試合に出て、実戦の経験を積み、試合ごとのムラをなくしていけば、それも決して夢だけに終わることはないでしょう。

 

FC東京・橋本拳人のポジションと評価をチェック!

橋本 10

橋本拳人選手の経験したポジションの数は、Jリーグの選手の中でもベストテンに入るくらいなのではないでしょうか?

センターバックに始まり、サイドバック・サイドハーフ・ボランチと、ゴールキーパーとフォワード以外は、ほぼ全てやってきたのではないかと思うほど、橋本拳人選手は色々なポジションをやっています。

それだけに、橋本拳人選手のベストなポジションはどこか、となると少々判断に迷うところでしょう。

この中で、一番橋本拳人選手に向いていないのは、ボランチかもしれません。

これはボランチとしての戦局判断能力に、やや欠けているという点が痛いからです。

これまでに案外良かったポジションは、右サイドバックでしたが、このポジションには、室屋選手や小川選手という、橋本拳人選手にとっての強力なライバルがいます。

また、駒野選手も、移籍が実現しなければ、橋本拳人選手には強力なライバルになりえたでしょうね。

一時より衰えたとはいえ、駒野選手のクロスは、天下一品といわれるほどの精度の高さがあるのです。

これを越えるのは、今の橋本拳人選手には、かなり難しいところ。

橋本拳人選手の本職として、筆者が思うに、やはりセンターバックが一番向いているのではないでしょうか。

ただ、FC東京には、森重真人選手や丸山祐市選手という名手がいますし、現時点ではこの2人から橋本拳人選手がレギュラーを奪うのは、まだ無理なようです。

このように、橋本拳人選手のプレーするポジションでは、日本でも有数の才能がある選手と、競合してしまうのです。

このあたりの事情が、橋本拳人選手が、これまでに多数のポジションを経験してきた理由なのかもしれませんね。

橋本拳人選手は、チームのスタッフからは、

『練習を遅くまでやるベスト3』

と言われるほど、練習の虫です。

チームの全体練習が終わっても、グラウンドで走ったり、筋トレをしたりするのが、彼の日課のようになっています。

橋本拳人選手曰く、

『人と同じことやっていてもだめです。人一倍努力しなければ勝てません』

とのことですよ。

余談ですが、橋本拳人選手は、タイプ的には山口蛍選手に似ていますね。

豊富なスタミナでピッチを駆け巡り、攻撃では前線への飛び出しや、強烈なミドルシュート、守備では優れたボール奪取能力でピンチを救う。

これは山口蛍選手にも、橋本拳人選手にも、当てはまる評価と言えそうです。

 

まとめ

今回は、FC東京の橋本拳人選手のプレースタイルと、ポリバレントなポジションや評価などを見てきました。

橋本拳人選手は、経験したポジションの数では、Jリーグでもベストテンに入るのではないかと思われるほど、様々なポジションを経験しています。

そして、どのポジションでもそれなりのプレーを見せているのです。

これは器用というよりは、練習の虫と言われるほどの非常な練習量による努力の賜物なのかもしれません。

なお、先日行われたリオオリンピックのメンバーには、残念ながら橋本拳人選手は選ばれませんでした。

橋本拳人選手には、次の舞台となる、ロシアワールドカップでの活躍に期待しましょう!

橋本拳人の記事はコチラもよく読まれています!

橋本拳人(FC東京)のプロフィールと学歴(出身中学・高校)をチェック

橋本拳人(FC東京)の怪我の原因と復帰はいつ?後遺症もチェック!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-選手