選手

橋本拳人(FC東京)のプロフィールと学歴(出身中学・高校)をチェック

更新日

FC東京の橋本拳人選手は、まだあまり知られていない選手です。

しかし、そのフィジカルの強さや縦への意識などは、フィッカデンティ監督時代からコーチのコンカ氏にも認められていました。

ボランチ・センターバック・サイドバックと、様々なポジションをこなせるポリバレント性も、橋本拳人選手の特徴の一つで、監督からみれば使いやすい選手と言えるでしょう。

橋本拳人選手は、FC東京入団後には、2年ほどロアッソ熊本に移籍し、そこでテクニックを磨いてFC東京に復帰しました。

今回は橋本拳人選手の、プロフィールや出身中学高校、それに一時移籍していた熊本時代のエピソードや、出身中学や高校などを調べてみました。

スポンサーリンク

アドセンス

FC東京・橋本拳人のプロフィールをチェック!

まず、FC東京に所属する橋本拳人選手とは、どんな選手なのか、彼のプロフィールから見ていきましょう。

橋本拳人のプロフィール

橋本拳人(はしもとけんと)
愛称 ハシケン、ケント

生年月日 1993年8月16日(22歳)
出身地 東京都板橋区
身長 181センチ
体重 74キロ
小学校 板橋区立志村第三小学校
中学校 板橋区立志村第五中学校
高校 東京都立板橋有徳高校-私立第一学院高校(ウィザス高校)

所属 FC東京
ポジション ミッドフィルダー センターバック サイドバック
背番号 37
利き足 右足

橋本拳人のユース在籍チーム

フナトアミーゴ
2006-2008 FC東京U-15深川
2009-2011 FC東京U-18

橋本拳人のプロ在籍チーム

2012 FC東京
2013-2014 ロアッソ熊本(期限付き移籍)
2014-2015 Jリーグ・アンダー22選抜
2015 FC東京
2016 FC東京U-23
2016 FC東京

橋本拳人の代表歴

2011-2013 U-18/19/20
2016 U-23

橋本拳人選手の"拳人"という名前ですが、柔道やレスリングをやっていた橋本拳人選手のお父さんが、

「強い人になるように」

ということで、名付けたそうです。

"ケント"とは、なかなかかっこいい名前ですよね。

橋本拳人選手が、サッカーを始めたのは5歳の頃で、2つ年上のお兄さんの影響だそうです。

この『兄弟の影響によりサッカーを始めた』という動機は、サッカー選手には非常に多いパターンですが、橋本拳人選手の場合、その後、さらに本格的にサッカーをやりたくなったため、FC東京のサッカースクールに通うようになりました。

FC東京U-15深川を経て、FC東京U-18に入りましたが、その頃から橋本拳人選手のフィジカルは大変強かったそうです。

橋本拳人選手自身の話では、

中学生の時FC東京U-15深川に入った頃は、本当に下手で、『こんなので通用するのか』と不安ばかり感じていました。

自分に自信が持てない時期は、『自分にはなにが足りないのだろう』といつも考えていました。

と自己分析しています。

また、橋本拳人選手の1学年上には、あの武藤嘉紀選手がいたのですが、

武藤選手は、その頃から1人だけで点を決めるなど、当時から頼りになるエースでした。

それを見て、上には上がいるなと痛感しました。

というコメントもしていたことがあります。

その後は、FC東京の『2種登録選手』として、トップチームのキャンプにも参加しますが、しばらく橋本拳人選手は試合には出ていません。

正式にトップチームに加入したのは2012年からですが、この年はベンチには入っても、試合への出場はできなかったのです。

2013年には、出場機会を求めてロアッソ熊本に期限付き移籍、ここではセンターバックの主力として、レギュラーの位置を獲得しました。

しかし、練習中に左膝内側半月板断裂の負傷をしてしまい、手術をするまでのトラブルがありましたが、橋本拳人選手はこれも現在では、克服しています。

ロアッソ熊本時代は、橋本拳人選手にとっては非常に有意義で、しかも思い出深いものだったようですよ。

2015年には、FC東京に復帰しましたが、最初の出場試合で、

  • J1初出場
  • 初先発
  • 初シュート
  • 初ゴール

という、"初"が、4つもつく大変珍しい記録を橋本拳人選手が作りました。

その後は守備要員として、逃げ切り等の時に橋本拳人選手が起用されるようになり、インサイドハーフや、サイドバックなどとしても出場し、ポリバレントな選手に成長しています。

橋本拳人選手の性格ですが、本人曰く、

くそまじめで基本的に単独行動です。

基本的にはシャイな性格ですが、人と話すことは好きです。

とのことで、そう言われると確かに、橋本拳人選手をみていると、わかるような気がします。

 

FC東京・橋本拳人の熊本愛とは?

橋本拳人選手は、2013年から2014年の2年間を、ロアッソ熊本に期限付き移籍となっていたのですが、熊本での生活は、わびしい1人暮らしとはいえ、橋本拳人選手にとっては中々に楽しかったようです。

また、熊本のファンからは、熱狂的な歓迎を受け、橋本拳人選手はすっかり熊本が好きになってしまったそうですよ。

熊本では、橋本拳人選手自身が自分で食事を作ったりもしていたのですが、作るのはまあよいとして、その後の食器洗いなどが面倒ということで、結局、定食屋での食事に落ち着いたそうです。

わかります。その気持ち。

筆者も全く同じですからね。

橋本拳人選手は、FC東京復帰後もロアッソ熊本を応援しているようで、ツイッターなどでも、よく応援メッセージが見受けられます。

橋本拳人の熊本愛溢れるツイッターのメッセージ

FC東京・橋本拳人の出身中学や高校は?

FC東京の橋本拳人選手の出身中学や高校についてですが、通っていた中学校は

『板橋区立志村第五中学校』

です。

橋本拳人選手の同級生や、在校生のコメントなどを拾うと、とくに大きなトラブルもなく、楽しく過ごせた中学校時代だったようですよ。

中学として部活が充実しているという評価も多く、教室なども冷暖房完備だったそう。

公立校としては、かなりよい中学のようですね。

次に橋本拳人選手の通った高校は

『東京都立板橋有徳高校~私立第一学院高校(ウィザス高校)』

と、転校しています。

この私立第一学院高校は通信制の高校で、他にも中島翔哉選手など、何人かのサッカー選手が在校していました。

橋本拳人選手の転校の理由は、通信制の高校のため、時間の制限が少なくサッカーに専念できるということらしいですね。

ただし、この私立第一学院高校の評判は、あまりよくありません。

学費などがぼったくりとか、教師の質が悪い、生徒も問題のある生徒が多いなど、ネットでみる限りでは、欠点が目立ちます。

また、橋本拳人選手の彼女と家族については、調べてみたものの、ここまで全く情報が見つかりませんでした。

 

まとめ

今回は、橋本拳人選手のプロフィールや出身中学や高校のこと、熊本への想いなどを見てきました。

橋本拳人選手のフィジカルや、対人戦での強さ、縦への突進力などは、誰もが認めるところですが、フィードの正確さや、状況判断のセンスなどは、まだいまひとつと言ったところ。

とはいえ、サイド・ボランチ・センターバック・サイドバックと、広範囲なポジションができるユーティリティ性は、橋本拳人選手の大きな持ち味です。

とくにオリンピックなどの人数制限の厳しい大会には、橋本拳人選手のような選手が好都合といえるでしょうね。

ただしかし、残念ながら、橋本拳人選手、はリオオリンピックの選手選考には漏れてしまっています。

橋本拳人選手には、ここで折れることなく、次はフル代表をめざして、さらに精進してほしいところですね!

橋本拳人の記事はこちらもよく読まれています!

橋本拳人(FC東京)の怪我の原因と復帰はいつ?後遺症もチェック!

橋本拳人(FC東京)のポジションとプレースタイル!その評価は?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-選手